Diana

Diana
0

Diana_poster36歳という若さで不慮の事故のためこの世を去った元英国王妃ダイアナの亡くなるまでの2年間の人生と恋愛、それを取り巻く報道など周辺との関わりを描く。出演はナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、キャス・アンヴァー、ジュリエット・スティーヴンソンほか。監督は『ヒトラー ~最期の12日間~』『レクイエム』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。全英公開は2023/9/20~。は日本での公開は邦題『ダイアナ』で2013/10/18~



ダイアナ妃が亡くなるまでの2年を描くこの映画、予告にも出てくるのはパキスタン系心臓外科医ハスナト・カーン氏。演じているのは「Lost」でザイードを演じていたナヴィーン・アンドリュースですが、チリチリの長い髪と髭面でワイルドなセクシー野郎というイメージがあるので、印象がだいぶ違いますね。
Diana_Naveen_Andrews
劇中の2人です。
Diana_01
実際の2人です。
Diana_02jpg
ダイアナは1997年、パリでパパラッチに追われ、それを振り切ろうとしてスピードを出しすぎた運転手のミスで乗っていた車が事故を起こし、それが原因で亡くなっています。その時同乗していて同じく亡くなったのが、当時の恋人とされるエジプト人系イギリス人の富豪、武器商人でもあったドディ・アルファイド氏。

映画ではハナスト・カーン氏との恋愛がメインで描かれるようで、となるとドディ・アルファイド氏は描かれないのかな?と思って調べると劇中には登場するようです。

地雷除去やエイズなどの社会奉仕活動に積極的な素晴らしい女性という印象である一方、セレブな派手好きで離婚後は浮名もたくさん流した人でしたから、その辺をどう描くのか興味あります。