Home 海外版予告編 60’sティーン2人のロードムービー『Dear Eleanor』予告編

60’sティーン2人のロードムービー『Dear Eleanor』予告編

60’sティーン2人のロードムービー『Dear Eleanor』予告編
0

1962年、ティーン2人が元大統領婦人のエレノア・ルーズベルトを求めてアメリカ横断の旅に出るキューティー映画『Dear Eleanor』の予告編が公開されました。イザベル・ファーマン(『エスター』)とリアナ・リベラト(『かけがえのない人』)、ジェシカ・アルバ、ルーク・ウィルソンらが出演します。


『Dear Eleanor』は1962年のアメリカが舞台です。カリフォルニアの田舎で暮らすエレノア・ルーズベルトに憧れる女の子(イザベル・ファーマン)が、友達(リアナ・リベラト)と一緒に、元大統領婦人に会うため、車で家出してアメリカ横断の旅に出る…というお話です。

イザベル・ファーマン(『エスター』)とリアナ・リベラト(『かけがえのない人』)が主役のティーンを演じ、ジェシカ・アルバ、ルーク・ウィルソン、パトリック・シュワルツェネッガー、アイオン・スカイ、ジョシュ・ルーカスらが出演します。

監督は『そんな彼なら捨てちゃえば』『きみに読む物語』で俳優としても活躍するケヴィン・コナリー。彼の2本目の監督作となります。脚本はセシリア・コントレラスとエイミー・ガルシアの若手女性脚本家コンビによるもの。

この映画で描かれる1962年は、米ソ冷戦時代で一番緊張感が高まった”キューバ危機”のあった年で、その前の揺れ動くアメリカ、若者を描いています。そしてこの映画のヒロインたちが憧れ求めるのが、ルーズベルト大統領の妻で、人権・婦人運動家で有名だったエレノア・ルーズベルトです。
ルーズベルト夫妻は互いに愛人公認の関係で、彼女には男性、女性両方で愛人がいました。彼女は真の意味で自由人で、差別なく色々な人と接して、様々な人達の地位向上に務めました。

『Dear Eleanor』は予告編を見る限り、女の子2人のロードムービーで、友情を描いていて、コミカルでちょっとほろ苦くノスタルジック…と、とてもキューティー映画しているようです。ぜひ日本でも見たい作品です。
全米では7月5日にVOD配信とソフトスルーで観ることができるようです。