Home 海外版予告編 アマンドラ・ステンバーグ主演、ディストピアYA小説の映画化『The Darkest Minds』予告編

アマンドラ・ステンバーグ主演、ディストピアYA小説の映画化『The Darkest Minds』予告編

アマンドラ・ステンバーグ主演、ディストピアYA小説の映画化『The Darkest Minds』予告編
0

超能力を持つ少年少女たちのサバイバルを描くディストピア系YA小説の映画化、アマンドラ・ステンバーグ主演『The Darkest Minds』の予告編が公開されました。


子供たちや若者が謎の伝染病でほとんど死滅してしまった近未来が舞台。16歳のルビー(アマンドラ・ステンバーグ)は、自分ではコントロールできない空を飛ぶ超能力を持っています。そのため彼女は政府が管理する施設に入れられ生活していました。ある時、彼女は施設を脱走。同じく何らかの超能力を持つ少年少女たちのグループと共に、やがて政府と対峙していく…というお話です。

若手女流作家アレクサンドラ・ブラッケンの同名YA小説全3巻が原作で今回は1巻の映画化です。

Darkest Minds (English Edition)

価格¥300

Bacon, Stephen, Hook, Andrew, Mammone, Robert, ほか

編集Warren, Ross, Watson, Anthony

発行Dark Minds Press

発売日15.05.14

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


ハリス・ディキンソン、スカイラン・ブルックス、日本出身の子役ミヤ・チェック(Miya Cech)ら若手俳優陣に、グウェンドリン・クリスティー、マンディ・ムーアが共演します。
監督は『カンフー・パンダ2&3』のジェニファー・ユー・ネルソン。彼女の実写映画監督デビュー作となります。脚本はTVドラマシリーズ「ウェイワード・パインズ 出口のない街」のチャド・ホッジ。
超能力を持った、数少ない生き残りの少年少女を描くディストピア系YA小説の映画化企画『Darkest Minds』で、超能力を持つヒロイン役にアマンドラ・ステンバーグが選ばれました。『Darkest Minds』は、子供たちや...

『ダイバージェント』シリーズ以来、久々の大手配給会社によるディストピア系YA小説の映画化です。今回は20世紀FOXによるもの。若手人気女優アマンドラ・ステンバーグは『エブリシング』に続いてのYA小説原作映画の主演です。

全米公開は8月3日です。