Home 海外版予告編 華僑の超セレブな生活を描くキューティー映画『Crazy Rich Asians』予告編

華僑の超セレブな生活を描くキューティー映画『Crazy Rich Asians』予告編

華僑の超セレブな生活を描くキューティー映画『Crazy Rich Asians』予告編
0

コンスタンス・ウー主演、地味で実直な彼氏の実家は実はシンガポールの超お金持ちだった…という、ハリウッドによるオールアジア・キューティー映画『Crazy Rich Asians』の予告編が公開されました。


ニューヨークに暮らすアメリカで生まれ育ったアジア系女性レイチェル(コンスタンス・ウー)は長年付き合っていた彼氏のニック(ヘンリー・ゴールディング)の友人の結婚式に付き添って彼の故郷であるシンガポールに。そこにはニックの母(ミシェール・ヨー)とその家族、ニックの妻の座を狙うライバルたち、そしてレイチェルの想像を超えるほどの超リッチな生活が待っていました。ニックは超絶セレブの家の息子だったのです。

2013年にケヴィン・クワンによって書かれた同名小説が原作です。原作者自身が華僑出身なので、劇中のスーパーリッチな生活、想像を絶する買い物、そのくせ細かいことにケチるという、リアリティあるコミカルな描写が受けて原作本はヒットしました。


オークワフィナ、ジェンマ・チャン、ケン・チョン、ハリー・シャム・ジュニア、ジミー・O・ヤン、ソノヤ・ミズノら、ハリウッドで活躍するアジア系俳優が総出演します。
監督には『ジェム&ホログラムス』『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のジョン・M・チュウ。
脚本は『あなたは私の婿になる』ピーター・チアレッリとアデル・リム。
コンスタンス・ウー主演、地味で実直な彼氏の実家は実はシンガポールの超お金持ちだった…という、ハリウッドによるオールアジア・キューティー映画『Crazy Rich Asians』の特報が公開されました。ニューヨークに...

当初、この企画はヒロインを白人女性に変更することも検討されていました。しかし近年の多様性尊重の流れから、原作通りアジア系女優がヒロインとなり、総じてアジア系俳優がキャスティングされました。

ダンスシーンなど華やかなシーンもありますが、絵面的には豪華な中国や香港の映画と変わりません。しかし予告編を見るとキャスティングの選び方や美のセンスが、やはりアジア人による美の意識とは根本的に異なった西欧的なものになっていて、ハリウッド資本であることを感じさせます。俳優の人種を揃えても、根本的に文化を尊重していることに疑問を覚える本作の制作姿勢が実際どう評価されるか非常に興味深いです。

この映画がアジア人にとっての『ブラック・パンサー』となるか?キューティー映画でそれが成し得るのか?そういう点にも注目していきたい作品です。
全米公開は2018年8月17日です。