Home 海外版予告編 Celeste And Jesse Forever

Celeste And Jesse Forever

Celeste And Jesse Forever
0

高校時代付き合っていたカップルがそのまま結婚するが、やがてスレ違いが生じて30歳で離婚することに。2人は親友として関係を続けたいと思っているのだが、お互いまだ気持ちはそこまで冷静になれず…というお話。出演は共に『ステイ・フレンズ』に出演していたラシダ・ジョーンズとアンディ・サムバーグ、エマ・ロバーツ、クリス・メシーナ、ウィル・マコーマックほか。監督は『ビンテージ・ラブ~弟が連れてきた彼女~』のリー・トランド・クリーガー。全米公開は2012/8/3~



主演のラシダ・ジョーンズが同作に出演しているウィル・マコーマックと一緒に脚本を手がけています。
ラシダは「あの」クインシー・ジョーンズの娘。ハーバード大学出の才女。母校を舞台にした『ソーシャル・ネットワーク』にも出演していました。

クインシー・ジョーンズの説明は不要かと思いますが、略歴を簡単に書くと、黒人エンタメ界のゴッドファーザーで、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のプロデュース、「We Are The World」の仕掛け人、そしてグラミー賞の創設者の1人です。

本作は『愛しのベス・クーパー』『恋する履歴書』『ジェニファーズ・ボディ』など小品ながら良質なキューティー映画を作ってきたフォックス・アトミックで製作・配給される予定でしたが、2009年に会社が解散し親会社の20世紀FOXに譲渡されたため一旦消滅。作品は2011年に完成。2012年のサンダンス映画祭に出展し、そこでソニー・ピクチャーズ・クラシックスに買われて、限定公開までこぎつけたようです。
インディーズ映画は公開するまでが本当に大変なんですね。