Barefoot

Barefoot
0

Barefoot_poster裕福な一家の中ではギャンブル狂いでどうしようもない男性が、兄の結婚式のために実家に戻ることに。彼がちゃんとしているふりをするため同伴者として選んだ女性は、隔離された生活をしていた若い精神病患者の女性だった。そして彼女の純粋で素直な行動が彼と周囲を変えていく…というお話。出演はエヴァン・レイチェル・ウッド、スコット・スピードマン、J・K・シモンズ監督は『キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!』『美少女探偵ナンシー・ドリュー』アンドリュー・フレミング。全米公開は2014/2/21〜



タイトル「Barefoot」は「裸足」という意味。この映画でこの言葉は、ヒロインが裸足のまま主人公とバッタリ出会うことや、裸足で歩くような心地よさ、心の開放感、といった様々な意味を含んでいて実に素晴らしいです。ポスターも素晴らしいし、予告編を観ただけで感動します。
そして監督の名前。これだけでもう、この映画はキューティー映画の傑作に決定です!(笑)

アンドリュー・フレミングはずっと注目している監督です。
「ゴシック・ホラー+魔女+学園もの」の『ザ・クラフト』、「史実をキューティー映画テイストにパロディ」の『キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!』、「古典少女小説の世界を違和感なく現代化」の『美少女探偵ナンシー・ドリュー』と、どれもキューティー映画として調理する具合がほんと素晴らしかったのですが、今回はこれまでのジャンルのアレンジやパロディではなく、オリジナリティある世界観と内容の映画というのが期待できます。

エヴァン・レイチェル・ウッドは『恋のからさわぎ』の続編、『10 Things I Hate About Life』のヒロインにも決定しています。
今回は、ぱっと見は普通でしかも純粋で天真爛漫に見えて、ちょっとどこかおかしいという難役を演じます。