At Middleton

At Middleton
0

At_Middleton_poster子供と一緒に名門大学の見学ツアーに参加していた大人の男女が、ありきたりのツアーに飽きて勝手に校内を歩きながら話していくうちに、互いに共感し恋愛に発展する…というお話。出演はヴェラ・ファーミガ、アンディー・ガルシア、タイッサ・ファーミガ、トム・スケリットほか。監督はアダム・ロジャース。全米公開・配信は2014/1/31〜。



母親役ヴェラ・ファーミガと、娘役タイッサ・ファーミガは、歳の差21歳の姉妹です。
元々は姉のヴェラが、自身の主演・監督作品で劇中に出てくる16歳時の役を妹のタイッサにさせたのが、彼女の女優としてのキャリアははじまりです。今では若手女優で注目株。ソフィア・コッポラ監督の実在したティーンたちによるセレブ強盗団を描いた『ブリングリング』にも出演しています。
[col_full] [col_half] At_Middleton_01 [/col_half] [col_half_last] At_Middleton_02 [/col_half_last] [/col_full]

自身の若い頃を妹に演じさせるというアイディアもさることながら、気付いたら母娘役で共演してるというのもすごいですね。

映画は大学のキャンパス内で進行するので、ロケを1箇所にした節約映画かと思いきや、撮影ではワシントン州立大学とゴンザーガ大学のキャンパスが使われました。
映画のタイトルであり、物語の舞台となる「ミドルトン大学」はこの2箇所を使った架空の大学です。

アンディー・ガルシアもすっかり落ち着いた役柄を演じる歳になりましたね。
若い頃は『アンタッチャブル』とか『ゴッドファーザーIII』とか血の気の多い若者役、という印象だったので、本作のちょっとダスティン・ホフマンっぽいイメージは意外です。

大人のロマンス・キューティー映画、ぜひ日本でも公開して欲しいです。