Home movie

エール!

La famille Bélier

フランスの片田舎で酪農を営むベリエ家は父、母、弟が聴覚障がい者で長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)だけが健常者。ポーラは一家の手話通訳として毎日を忙しく過ごしていた。そんな彼女は好きな男の子を追っかけて合唱部に入るが、そこで彼女の歌声を聞いたトマソン先生(エリック・エルモスニーノ)からパリの音楽学校に進学することを進められる。一方父は村長選出馬を表明。家族か自分の夢か。ポーラは決断を迫られる…

ホット・チック

The Hot Chick

学園の人気者ジェシカ(レイチェル・マクアダムス)は、ある日伝説のイヤリングを手に入れる。そのイヤリングを片方ずつ付けたもの同士は体が入れ替わってしまうのだ。そんなことも知らずジェシカはその片方を落としてしまう。偶然、そのイヤリングを拾ったおじさん強盗クライヴ(ロブ・シュナイダー)と入れ替わってしまったジェシカ。友人のエイプリル(アンナ・フェリス)に助けを求め、元の姿に戻ろうとするが…

きっと、星のせいじゃない。

The Fault in Our Stars

末期のガンで常に酸素ボンベを携帯している17歳のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は、どこか人生に諦めていて友達もいない。心配した両親の勧めで癌患者のサポートグループに参加し、同じ癌患者のガス(アンセル・エルゴート)と出会う。陽気なガスの猛プッシュで心を開いていくヘイゼル。ガスはヘイゼルが憧れているオランダ在住の作家に、ヘイゼルを会わせてあげようと、癌患者支援制度を使いオランダ旅行を計画するが…

はじまりのうた

Begin Again

ダン(マーク・ラファロ)は音楽プロデューサー。以前は凄腕だったが時代に付いて行けず、すっかり落ちぶれ、妻と娘にも愛想を尽かされていた。グレタ(キーラ・ナイトレイ)はシンガー・ソングライター。自分の曲をロックスターの恋人に奪われ、失意のどん底にいた。ある日ダンはグレタの曲を聞き、一緒にやろうと持ちかける。お金がない2人は、NYの街のあちこちでゲリラ録音を繰り返す。やがて2人の音楽に人々が集まりだす…

ANNIE/アニー

Annie

10歳のアニー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は幼い頃両親に捨てられ、うらぶれた元歌手のハニガン(キャメロン・ディアス)の施設でいつか両親が迎えに来てくれると信じながら暮らしていた。ある日アニーは車に轢かれそうになったところを、携帯会社社長でNY市長選挙に立候補しているスタックス(ジェイミー・フォックス)に助けられる。その件で好感度がアップしたスタックスは宣伝のためアニーと一緒に暮らすことにする…

プリティ・ワン たったひとつの恋とウソ。

The Pretty One

実家で父と暮らす地味で内気なローレル(ゾーイ・カザン)と都会で仕事をしている明るくオシャレなオードリー(ゾーイ・カザン2役)。2人は仲の良い双子の姉妹。誕生日に田舎に戻ったオードリーはローレルをイメチェンさせ都会に呼ぶことにするが、2人は交通事故にあいオードリーは亡くなってしまう。しかし周囲の勘違いからローレルが亡くなったことに。そこでローレルはオードリーになりすまし、新たな人生を送ろうとするが…

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

If I Stay

17歳のミア(クロエ・グレース・モレッツ)はチェロを弾きジュリアード音楽院を目指していた。彼氏のアダム(ジェイミー・ブラックリー)は地元で人気のロック歌手。2人は同じ高校で出会い共に夢を目指していた。両親はミアの良き理解者、弟もかわいい。ミアは日々を幸せに過ごしていた。ある日、一家の乗った車が事故に合いミアは最愛の家族を失う。そして昏睡状態の自分の運命を自身で決断しないといけないことになる…

マダム・イン・ニューヨーク

English Vinglish

シャシ(シュリデヴィ)はビジネスマンの夫サティシュ(アディル・フセイン)と2人の子供と暮らすインドのごく普通の主婦。料理の腕は評判なのだが、唯一家族の中で英語が出来ないためいつもからかわれていていた。ある日、アメリカに住む姪の結婚式のため単身NYに行くことになったシャシは、映画がわからず初めてのアメリカで四苦八苦。ふと見つけた英会話教室に思い切って飛び込み、みんなに内緒で英語を習い始める…

ヴェロニカ・マーズ [ザ・ムービー]

Veronica Mars

ロースクール卒業を控えたヴェロニカ・マーズ(クリステン・ベル)はNYで大手法律事務所の面接を受けていた。その時、殺人容疑を着せられたローガン(ジェイソン・ドーリング)から電話が。高校卒業以来、過去を振り切るため故郷に戻っていなかったヴェロニカだったが、ローガンの手助けのため帰省することに。ちょっと手助けするつもりがいつしか事件の真相を追うことになり、事件を追ううちに高校の同級生たちと再会していく…

ウォルト・ディズニーの約束

Saving Mr.Banks

イギリス人作家P・L・トラヴァースは「メリー・ポピンズ」の映画化を打診されイヤイヤLAに行く。そこで彼女を待っていたのは映画化を熱望するウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)だった。しかし彼女はウォルトやスタッフが準備する脚本にことごとくダメ出しをする。彼女にとって「メリー・ポピンズ」は銀行員だった明るく陽気な父(コリン・ファレル)と過ごしたオーストラリア時代の大事な思い出だったのだ…