Home movie

ピッチ・パーフェクト2

Pitch Perfect 2

ベッカ(アナ・ケンドリック)やエイミー(レベル・ウィルソン)らアカペラチームのベラーズは全米大会で初優勝して以来充実した活動をしていたが、オバマ大統領の誕生日イベントで大失態をしてしまい活動禁止に。復帰条件は過去アメリカが優勝したことがないアカペラ世界大会で優勝すること。そんな時、母親が元ベラーズで自作曲を歌うのが夢というエミリー(ヘイリー・スタインフェルド)が入部。ベラーズの新たな挑戦が始まる…

ピッチ・パーフェクト

Pitch Perfect

音楽のプロを目指すベッカ(アナ・ケンドリック)は親の説得でバーデン大に入学する。そこで廃部寸前のアカペラ部ベラーズに入部するはめに。厳しい部長のオーブリー(アンナ・キャンプ)とクロエ(ブリタニー・スノウ)の元、太っちょエイミー(レベル・ウィルソン)など個性あふれる面々が集まり全国大会出場を目指すものの、チームはバラバラ、しかも選曲が古く観客に受けない。そこでベッカはベラーズを改革しようとするが…

フィフティ・シェイズ・ダーカー

Fifty Shades Darker

若き大富豪グレイ(ジェイミー・ドーナン)の異常な愛を受け止められず別れたアナ(ダコタ・ジョンソン)は、大学を卒業し出版社に就職し新生活を始めていた。そこにアナへの真実の愛に気付いたグレイが再び現れる。新たな関係で結ばれる2人だったが、アナに迫る上司(エリック・ジョンソン)やグレイのストーカー(ベラ・ヒースコート)、さらにグレイをSM世界に導いたエレナ(キム・ベイシンガー)が2人の前に現れる…

ホット・チック

The Hot Chick

学園の人気者ジェシカ(レイチェル・マクアダムス)は、ある日伝説のイヤリングを手に入れる。そのイヤリングを片方ずつ付けたもの同士は体が入れ替わってしまうのだ。そんなことも知らずジェシカはその片方を落としてしまう。偶然、そのイヤリングを拾ったおじさん強盗クライヴ(ロブ・シュナイダー)と入れ替わってしまったジェシカ。友人のエイプリル(アンナ・フェリス)に助けを求め、元の姿に戻ろうとするが…

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

Fifty Shades Of Grey

アナ(ダコタ・ジョンソン)は大学新聞のインタビューで若きIT長者クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)と出会う。グレイはなぜかアナに興味を持ち近づいてくるが、グレイはアナに恋愛ではなく契約を求めてくる。これまで恋愛経験も男性経験もないアナは、グレイの申し出に戸惑いつつもその謎めいた魅力に惹かれていく。やがて結ばれる2人。そしてグレイが出した契約書はアナとの奴隷契約とSMプレイについてだった…

ANNIE/アニー

Annie

10歳のアニー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は幼い頃両親に捨てられ、うらぶれた元歌手のハニガン(キャメロン・ディアス)の施設でいつか両親が迎えに来てくれると信じながら暮らしていた。ある日アニーは車に轢かれそうになったところを、携帯会社社長でNY市長選挙に立候補しているスタックス(ジェイミー・フォックス)に助けられる。その件で好感度がアップしたスタックスは宣伝のためアニーと一緒に暮らすことにする…

G.B.F

G.B.F

タナー(マイケル・J・ウィレット)とブレント(ポール・アイアコノ)は隠れゲイの高校生。イケてる女子のアイテムはゲイ友達「G.B.F」を持つこと。ブレントは学園女王のG.B.Fになって人気者になることを画策中。しかしひょんなことからゲイであることを隠したいタナーの方がゲイだとバレて一躍注目の的に。ブレントとタナーに気まずい空気が流れる中、学園の女王たちによるタナー争奪バトルが始まった…

マネキン

Mannequin

芸術家肌でいつも仕事を首になるジョナサン(アンドリュー・マッカーシー)はデパートのディスプレイ係にありつく。そこで彼は以前作ったマネキンと再会する。夜、そのマネキンがジョナサンの前で実際の女性に。古代の王女エマ(キム・キャトラル)が転身したのだ。彼女が人間でいられるのは夜、ジョナサンの前でだけ。2人は無人のデパートでデートをしながらディスプレーを制作する。独創的なディスプレーはたちまち評判になり…

ストリートダンス オールスターズ

All Stars

女の子にモテたいイーサン(テオ・スティーヴンソン)とダンスバトルのショーを計画中のジェイデン(AKAI)はある日、自分たちの大事な場所である青少年センターが取り壊されることを知る。2人はセンターを守るためダンスパフォーマンスで寄付を募ることにする。そのためのダンスチームのオーディションを行うと個性的な連中が集まり、その中から6人のダンスメンバーで「オールスターズ」を結成する…

恋は邪魔者

Down With Love

1962年ニューヨーク。新人女流作家バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)の書く「女性に恋は必要ない」とうたった『恋は邪魔者』がベストセラーに。女性たちは本に感化され自立していく。プレイボーイのジャーナリスト、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)は本のせいで評判は落ちるは、もてなくなるはで面白くない。そこで身分を偽ってバーバラに近づき、彼女を恋愛させてその暴露記事を書こうする…