Home Review プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング

プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング

プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング
0

[cptr]
「ダサい女子高生が突然ヨーロッパのお姫様に!」という『プリティ・プリンセス』の続編です。今度は国の王位継承を巡るお話が展開されます。
1に比べて、いろいろと語ることが多すぎたためか、ちょっと散漫になってしまったのは残念ですが、見所たっぷりの楽しい映画になってます。

なぜ続編が成立したのかをちょっと考えたいと思います。
この頃ディズニーは「プリンセス戦略」というのを打ち出します。女の子向けに「お姫様になりましょう」キャンペーンです。ディズニーランドなどでは、白雪姫他、過去のディズニー映画のヒロインを集めてプリンセス・ブランドを展開。大人の女性向けにブランド物のようなプリンセス・グッズを販売。小さい女の子向けのプリンセス・マナー教室イベントを全米各地で開催…

この「2」は明らかにそのディズニーのプリンセス戦略に合わせる形で作られています。前作のヒットのおかげもありますが、戦略をプロモーションするのにうってつけ、という意味でも続編の映画化が決まったんじゃないだろうかと推測しています。

中盤に出てくる女の子をたくさん招いてのお城でのパジャマ・パーティー・シーンがまさにそれです。「みんなプリンセスになれるのよ」と。ここだけ明らかに楽しく派手な「お姫様プロモーション」映画になってます。

しかし映画自体は本来ティーン向け映画ですから、小さい子に向けたような、このパジャマ・パーティー・シーンが映画のテイストに合いません。
ここからは単なる想像でしかないのですが、たぶんディズニー側から制作に対して、このシーンを出す要求があったんじゃないかと邪推します。制作側はクライアントの要求をうまく映画の流れに取り入れつつ、さらにそのシーンをきっかけに、ヒロインはある目的を持つようになります。
結果的に「お姫様プロモーション」のシーンが、ヒロインの「王位継承とは何か」を自分なりに考え直し、答えを出すきっかけになるのですから。実に巧みです。

ジュリー・アンドリュースが歌います!ここは『メリー・ポピンズ』『サウンド・オブ・ミュージック』など彼女の代表作を知ってる人には堪らないでしょう。さらにジュリーがこの映画の前にのどの手術に失敗し、その後歌えなくなっていたことを知っていると、このシーンの重要さがより増してきます。感動しました。
ジュリーの全盛期を知っているのは、もはや親ではなくおじいちゃん、おばあちゃんかも。
もしかするとこの映画は親子よりおじいちゃん・おばあちゃんと孫娘で楽しむ映画かもしれませんね(笑)

楽曲提供は人気若手女性歌手勢ぞろいと言った感があります。
ケリー・クラークソン、リンジー・ローハン、アヴリル・ラヴィーン、ノラ・ジョーンズ、ピンク、ウィルソン・フィリップ…
サントラを聞くだけで、当時のガールズソング・ベストになりそうです。

主人公の強い思い(敵対勢力の男に惹かれている)と、それに反するどうしようも動かせない状況(優しく誰もが認める男とすでに婚約)をラストでどううまくまとめるのか、ひじょ~~に興味深く見ていたのですが、「そりゃないぜギャフン(> <)」というオチで…(笑) 1を見てないと、ラストのまとめが「???」となります。そう考えると正当な続編映画ですね。 1が、「主人公と一緒に夢を体験する」映画なら、2は「主人公を通して色々夢見る」映画かなと。優雅な暮らしとかファッションとか素敵な男性との出会いとかを見て楽しむ映画です。 あ、そうそう、今回の映画の舞台でもある、架空の王国の全景を見せる、俯瞰のお城の画はCGを使っていました。ヨーロッパのお城の空撮を使わないで、CGにして作り物感を出したあたり、夢物語である印象を持たせたかったのかもしれないです ね((単に予算の関係で空撮よりCG…と見るのは、夢のない大人の発想です!(笑)))