Home Review アーネスト式プロポーズ

アーネスト式プロポーズ

アーネスト式プロポーズ
0

[cptr]
アーネストという架空の名を巡っての男女の恋物語。ほのかなユーモアで全編を包みながら、アーネストという架空の名前のせいで登場人物たちの状況がどんどん混乱していき、やがてきれいに収束する非常に巧みな構成です。実にイギリス的なおっとりとした物語だと思います。

原作はオスカー・ワイルドの戯曲「真面目が肝心」です。初演は1895年。これまでに
1952年にアンソニー・アスキス監督

The Importance of Being Earnest [DVD]

価格¥5,492

出演Michael Redgrave, Richard Wattis, Michael Denison, ほか

映像Desmond Dickinson

監督Anthony Asquith

編集John D. Guthridge

プロデュースEarl St. John, Teddy Baird

WriterAnthony Asquith, Oscar Wilde

発行Carlton

発売日99.10.08

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


1992年にカート・ベイカー監督により映画化されています。
2002年にBBCによるドラマ版もあります。

Oscar Wilde: Importance of Being Earnest [VHS]

価格N/A

出演Paul McGann, Rupert Frazer, Alec McCowen, ほか

監督Stuart Burge

発行BBC Warner

発売日02.05.21

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

コリン・ファース(ギター)とルパート・エヴェレット(ピアノ)による、お互いが恋する女性たち(フランシス・オコナーとリース・ウィザースプーン)に釈明の言葉を歌うシーンも楽しいです。