Home Review 第29回東京国際映画祭:サーミ・ブラッド

第29回東京国際映画祭:サーミ・ブラッド

第29回東京国際映画祭:サーミ・ブラッド
0

Sameblod

1930年代、スウェーデン北部の山間部で暮らすサーミ人は、劣等民族とみなされ差別的な扱いを受けていた。中学生のエレ・マリャは成績も良く 街の高校に進学したかったが、先生にサーミ人には進学する資格がないと言われる。民族衣装を着ることを押し付けられ、見世物のようにテントで暮らすことを強いられる生活からなんとか脱したいと思っていたエレは、村の夏祭りのダンス大会で出会ったスウェーデン人の少年ニコラスと束の間の恋に落ちる。そのニコラスを頼ってエレは家出をするのだった。
監督:アマンダ・ケンネル
撮影監督:ソフィーア・オルソン、ペトルゥス・シェーヴィーク

キャスト

レーネ=セシリア・スパルロク
ミーア=エリーカ・スパルロク
マイ=ドリス・リンピ
ユリウス・フレイシャンデル
オッレ・サッリ
ハンナ・アーストロム
マーリン・クレーピン
アンドレアス・クンドレル
イルヴァ・グスタフソン

スウェーデンの先住民族サーミ族

サーミ族は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシアの北部に居住する先住民族です。独自の言語や文化を持ち、民族衣装に身をまといトナカイを放牧しながらテントで生活しています。映画で描かれる1930年代のサーミ族は支配勢力のスウェーデン人によってスウェーデン語を強要され、同化政策の対象となり、劣等民族として差別を受けていました。そんなサーミ族の女の子のお話です。

映画は現代のスウェーデンの山沿いのリゾート地に、妹のお葬式ためにやってきた老婆を捉えます。老婆は葬式で妹の亡きがらに会おうともしません。自身も含めたサーミ族のしきたりなどにも否定的です。
そして老婆が見つめる窓の向こうにある山脈にカメラは移動し、そこから老婆、エレの回想という形で1930年代彼女の中学生時代に物語は飛びます。

エレは山でトナカイを飼いながらテント暮らしの遊牧民族サーミ族です。エレの妹がエレに連れられて、生まれ故郷の山から初めて寄宿舎に向かいます。
エレは湖を舟で渡る時に、妹にサーミ族の歌ヨイクを聞かせますが、妹には宿舎に行ったら歌うなと念をおします。このようなところからエレの考え方が見えてきます。エレは自身がサーミ族であることに劣等感を抱いています。

学校ではサーミ族の子どもたちは民族衣装を来てスウェーデン人の女教師の元、スウェーデン語を教えられます。エレは学校では成績優秀で女教師も一目置いています。外を歩くときは黙々と伏し目がちに歩き、学校の周辺にいる男たちからはからかわれ、サーミ族の生態を調査する名目の屈辱的な身体検査を受けながらも、エレはとにかく閉塞しきって未来のない今から逃れるため、高校進学を夢見ていました。進学の推薦をもらうため女教師に相談しますが、サーミ族には進学の権利がなく推薦を拒否されます。

エレ役レーネ=セシリア・スパルロクの目力

エレ役のレーネ=セシリア・スパルロクはとにかく目が素晴らしいです。体格的には小さくて全体に丸っこいぽっちゃりして朴訥とした感じなのですが、顔のアップだと全く別人のごとく、目力(めぢから)の強い女優然とした顔を見せます。制作者もそれがわかっているのか、彼女のアップを多用します。
強い意志で表情を隠し、台詞が少ないにも関わらず、彼女の目は何かを語り、何かに怒り、何かを嘆き悲しみ、何かを見つめ続けているのです。
samiblood_01アマンダ・ケンネル監督とレーネ=セシリア・スパルロクsamiblood_02遠近感がある構図とはいえ、彼女は飛び抜けて小さいです
samiblood_03顔のアップになると輝きが違います

未来のために行動するヒロイン

洗濯物で干されていたワンピースをちょっと身にまとったことで、村の娘と間違われダンスパーティに誘われたのをきっかけに、妹の静止を振り切ってエレはワンピース姿でダンスパーティに出かけます。草むらにいつも着ている民族衣装を隠し、自分の身体に染み付いた匂いを湖の水で落とそうとするエレ。
そしてダンスパーティーでイケメンの男の子と出会い初キス…

物語は、外の世界に飛び出したいエレが堰を切ったように思い切った行動をしていく展開となります。エレが自ら未来を切り開こうとする姿を、静かに力強くそしてたどたどしく描くのですが、どこまでもどこまでも彼女はサーミ族という出自の運命から逃れようともがき続け、そして運命に逆らえず引き戻されます。

彼女の逃避行は、結局映画冒頭の老婆姿に戻ることで結果を示すわけですが、それでもなおサーミ族という出自から彼女は逃げ切るわけにはいかないわけです。

映画は重すぎず、テーマを雄弁に語らず、あくまでも1930年代の田舎の少女エレの反抗と憧れへの行動を描くことに徹していたのは非常に好感が持てました。