Home Review ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー
1

[cptr]
ザック・エフロン演じるトロイのアップから始まるオープニングのバスケの試合シーンが圧巻です。
バスケの試合は「1」でもありましたが、劇場版になるとこんなに変わるものか!というくらい人の数もカメラの動きも映画的でリッチです。特に歌と踊りとと試合の進行を合わせた複雑なミュージカルシーンは素晴らしいの一言。ミュージカルっぽい劇的な演出(ヴァネッサ・ハジェンズ演じるガブリエラの登場シーン)があるにもかかわらず、試合の荒々しさは失いません。見事です。。チアリーダーに注目。1で「実は踊りが好き」と告白していたクラスメートのがり勉太っちょのマーシャがいますよ。

次にトロイとガブリエラがトロイの、木の上の隠れ家で「Right Here, Right Now」を歌うシーン。舞台は木の上の小屋なんですが、通常ならカメラが小屋の周りを回るところを、セットの方を回すという演出がなされています。

アシュリー・ティスデール演じるシャーペイとルーカス・グラビール演じるライアンの双子が大活躍の「I Want It All」は、他の登場人物もミュージカル内では別キャラクターを演じていてこれが楽しいです。ラストのラインダンスは圧巻です。

トロイの学校での隠れ家、屋上でガブリエラとワルツを踊る「Can I Have This Dance」の素晴らしいこと!野外撮影で、背景の雄大な山の風景がとても効果的です。途中から効果音でゴロゴロと雷の音を断続的に聞かせ、予想通り最後は雨の中のダンス。非常にロマンティックなシーンに仕上がっています。

どのシーンも、通常の芝居シーンからミュージカルシーンへの持って行き方、ミュージカルシーンでの場面展開がどれも見事すぎます。カット割はスピーディーでMTV的でもあり、非常に練られています。これまでのシリーズはビデオカメラっぽい派手な色彩でしたが、今回は落ち着いた色彩でカメラに深みがレンズ選びも多彩。とても映画的です。

と、素晴らしいミュージカルシーンが繰り出され息つく暇もないのですが、トロイが進学に悩む中盤あたりから映画の勢いがガクンと落ちてしまいます。この辺、2のときの失速感に似ています1

再び映画を盛り上げるきっかけになるはずの、トロイとガブリエラのスタンフォード大学2でのダンスは、アイディアがとても小粋で感動的なんですが、残念なことに、このシーン、後からヴァネッサ・ハジェンズだけ追加撮影を行っており3、数カットですが光源、背景とのマッチングなど非常に出来が粗く、カットの繋がりもおかしかったです。自然とダンスが調和したきれいな画のシーンだけに、人工的なカットは追加しないほうがよかったような…

ラストのクライマックスでは完全に構成・演出ミスでグダグダになってしまいます。
ミュージカル中のロケットマンやシャーペイの取巻きの裏切りなどのエピソードは次シリーズへの布石なのかもしれませんが、明らかに余計。
トロイとガブリエラの登場シーンは明らかにおかしいし4、物語のテーマであるトロイの将来への悩みの解決を台詞一発で終わらせるという安直さ…

ラストの卒業式での集団の凄いダンスシーンで最後の最後で盛り返しますが、やはり映画としてはクライマックスが今ひとつなのがほんと残念です。

ただ、やはりこのシリーズは楽曲がほんと素晴らしいです。映画を見た後にサントラを聞き直すと曲がさらに魅力を増して聞こえます。中盤まではほんと圧倒的な展開です。それだけに後半の構成の失敗がほんと悔やまれます…

日本発の「カラオケ」が縁で、主役2人が出会い物語が始まった『ハイスクール・ミュージカル』は、この映画でこれまでの主要キャラとはお別れですが、キャストを一新して新シリーズが計画されています。5今回の映画に出てきた後輩の新キャラたちはその布石でしょう。
ネタばれになるのでぼかした書き方をしますが、あるキャラはダーバス先生の台詞から、どうも引き続き何らかの形で登場するようですし、新しいシリーズも楽しみです。

  1. 「2」でもトロイが中盤から友達からハブにされ、進学か友情かでウジウジ悩んで話が失速します。 []
  2. 映画の字幕では「ST大」と表記されていました。 []
  3. 背景はCG合成で、カメラ越しのトロイの背中は別役者です。ザックのスケジュールが合わなかったのかな? []
  4. スタンフォードから戻って普通に登場した後、後輩ネタが出て、その後改めてトロイが客席から歌いながら登場するという謎の展開です。ここはロケットマンとシャーペイのデュエットが失敗してミュージカルが「あわや大失敗!?」というところで、トロイとガブリエラがかっこよく登場して盛り上がるというのが王道の展開でしょう。 []
  5. 2011年現在、結局この計画はダメになりました。 []