1. Home
  2. Review
  3. ガールズ・アタック

ガールズ・アタック

ガールズ・アタック
0

[cptr]
MTV製作のヒスパニック系スポ根青春キューティー映画です。
MTVらしく、3LWのエイドリアン・ベイロンやシアラといった、当時若手R&B、HipHop歌手を主役にし、ブラック、ヒスパニック系のアーティストも作品に参加して盛り上げています。
出演者たちのアルバムを紹介します。

主演のエイドリアン・ベイロンが所属するグループ 3LW

3lw ミュージック

価格¥1

順位319,717位

アーティスト3lw

発行Epic

発売日00.12.05

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


シアラ

ベーシック・インスティンクト(初回生産限定盤) ミュージック

価格¥1,552

順位78,487位

アーティストシアラ

発行ソニーミュージックエンタテインメント

発売日10.12.14

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

ファンタジー・ライド~デラックス・エディション(DVD付) ミュージック

価格¥4,308

順位359,750位

アーティストシアラ, T-ペイン, ヤング・ジージー, ほか

発行Ariola Japan

発売日09.05.26

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API




実況アナウンサー役 T-Bone

Bone-Appetit ミュージック

価格¥388

順位1,054,164位

アーティストT-Bone

発行Flicker Records

発売日07.09.24

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

Bone a Fide ミュージック

価格¥2,480

順位1,334,689位

アーティストT-Bone

発行Nettwerk

発売日05.09.25

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


フランキー・ジェイ

Playlist: The Very Best of Frankie J (Dig) ミュージック

価格¥700

順位298,600位

アーティストFrankie J

発行Columbia

発売日09.03.30

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

What's a Mant to Do ミュージック

価格¥550

順位1,135,849位

アーティストFrankie J

発行Sbme Special Mkts.

発売日08.04.29

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API



マーカス・ヒューストン

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

Mr Houston ミュージック

価格¥2

順位1,240,183位

アーティストHouston, Marques

発行Tug Entertainment

発売日09.09.23

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


今やアメリカでのヒスパニック勢力は無視できないくらい大きなもので、当然ティーンの文化・産業にも影響を及ぼしています。
そういった意味ではこの作品がキューティー映画として登場したのは当然ということになります。女性監督のニーマ・バーネット自身はアフリカ系アメリカ人ですが、主人公の家庭の描き方とかを見ると、それなりにちゃんと描写しようとしたのかなとも思えます。でも映画全体はとてもゆる〜い感じです。

アメリカ映画では通常ビーチ・バレーボールのシーンはよくありますし、キューティー映画でも体育の授業でバレーボールをするシーンというのはあります1。しかしバレーボールをこれだけ中心に添えた映画というのはちょっと珍しいのではないかと…
アメリカ映画でバレーボール映画ってパッと思いつかないのですが。

物語のはじめ、エイドリアン・ベイロン演じるギャビーとサラ・メイソン演じるローレンが優勝パンツ(どんなパンツやねん)を取り合うってけんかするシーンで仲裁に入る女性はレイラ・アリ。
無敗の女性プロボクサーで伝説のチャンピオン、モハメド・アリの娘です。

バレーの試合シーンは、スタントを使わず役者自身がやっている割にはカメラワークと編集でうまくスピード感と迫力を演出しています。しかし演出と編集がいい加減なので、カットごとに球の弾道がおかしくなっていますが、そこはまぁラテンのノリ、ということで(笑)

学校が火事になったシーンも、明らかに建物の後ろから煙を焚いただけが丸分かりでしょぼいものでした。
せめて火事後の状況を見せるとか、何らかの演出的な「逃げ」をしてほしかったですが、まぁ、低予算ですし、これもまたラテンのノリ、ということで(笑)

  1. 『フォーチューン・クッキー』とか『ハンナ・モンタナ』とか []