Home 海外NEWS YouTube初の長編映画はダンス映画『Dance Camp』

YouTube初の長編映画はダンス映画『Dance Camp』

YouTube初の長編映画はダンス映画『Dance Camp』
0

youtube-1st-movie-dance-camp_00YouTubeとYouTube番組制作会社AwesomenessTVの映画部門Awesomess Filmは初の長編映画『Dance Camp』を制作することを発表しました。人気ユーチューバーなどネットの人気者がメインキャストとして出演しています。


以前も人気ユーチューバーを出演させた映画はありましたが、YouTubeの番組専門制作会社が映画製作(制作)をするのは初です。今回はティーン層を狙っています。
人気動画ブロガー主演による新しい形のキューティー映画『Camp Takota』

主演は『アダルトボーイズ』シリーズに出演していたナジ・ジーター。
ヒロイン役にはYouTubeで人気の1995年生まれのメグ・デアンジェリス(Meg DeAngelis)
[browser-shot url=”https://www.youtube.com/user/maybabytumbler” width=”500″]
Vineで人気のジェイク・ポール(下のVine映像のマリオの方。ルイージは兄のローガン・ポール。ポール兄弟として投稿しています。)

『Dance Camp』は無断でパーティに行こうとした主人公(ナジ・ジーター)が母親に捕まり、バツとしてダンス・キャンプに行くように命じられます。そこでライバルのダンスチームを率いるリーダー(ジェイク・ポール)と対峙したり、女の子(メグ・デアンジェリス)と恋に落ちたりする、というお話です。

プロデューサーに最新監督作『Jem And The Holograms』の公開が控えている、『ステップ・アップ』シリーズのジョン・M・チュウ。監督には短編ダンス映像を撮っている若手女性監督コンビのバート&バーティーと、『ドリームガールズ』『セイブ・ザ・ラストダンス』などで振付師として有名なファティマ・ロビンソンという3人体制。
メインスタッフはダンス映画に強い人達で固められています。
公開時期等は不明ですが、先行公開はYouTubeとなりそうですね。

ネット配信はオリジナル番組制作の傾向を強めていて、今回は人気の高いジャンルの「ダンス」、配信で多数のファンを持つ人気の「若者」を起用し…とティーン層狙いは明らかです。そしてキューティー映画が常にこうした新しい形態の先駆を切っていることにも注目です。

ただ、ネットの人気者は宣伝力が大きいとはいえ一過性のものでしかなく、ビジネスとして短期回収型としては有効ですし、このような作品がやマルチプラットフォーム展開で有効なのもわかります。
ただ作品としての質としては…。申し訳ないですがしょせん「ただのウケ狙いが成功したネットの人気者」の演技が役者として持つのか、そこは大変疑問です。演技指導など、役者として必要最小限のことを制作側がどう対処するのか大いに興味があります。

今後この手の企画が増えるのは確実で、文化的違いから何がいいのか全くわからない人気者がどんどん俳優として登用されてくると思います。そんな中、内輪受けに終始するネット投稿から、誰もが認める凄い才能を持つ人が出てくるのも確実です。ネット投稿は、スターの登竜門のディズニー・チャンネルのような場になっていくのでしょうか。