Home 海外NEWS 女性初のドーバー海峡横断スイマーを『シンデレラ』リリー・ジェイムズが演じることに

女性初のドーバー海峡横断スイマーを『シンデレラ』リリー・ジェイムズが演じることに

女性初のドーバー海峡横断スイマーを『シンデレラ』リリー・ジェイムズが演じることに
0

young-woman-and-the-sea-lily-james_00『パイレーツ・オブ・カビリアン』シリーズのプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーによる、女性で初めてドーバー海峡横断を泳いで横断したアメリカ人水泳選手ガートルード・エーダリの伝記映画企画で、『シンデレラ』リリー・ジェームズがガートルード・エーダリーを演じることがわかりました。


映画はグレン・スタウト著のガートルード・エーダリーに関する伝記「Young Woman and the Sea」が原作となります。


ガートルード・エーダリは1924年のパリ五輪で女子400mリレーで金メダルを獲得しています。そして1926年8月6日、19歳のエーダリーはフランスからイギリスまでのドーバー海峡を女性で初めて14時間39分で泳ぎきりました。

現在、ドーバー海峡を泳いで横断することを公認する団体「CS&PF」では、最も印象的な女性の水泳者に与えられる「ガートルード・エーダリ賞」が設立されています。

なんと当時の映像が残っています。エーダリ本人がドーバー海峡横断を泳ぎ始める様子、泳ぎ切った時の様子、その後のニューヨークでの凱旋パレードの映像です。映画でニューヨークの凱旋パレードの様子が描かれれば、大いに盛り上がりそうですね。

これをジェリー・ブラッカイマーがプロデュースし、企画開発が進められています。脚本は『ターミナル』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』ジェフ・ナサンソンが担当。監督は未定です。
アメリカ人女性スイマーをイギリス人のリリー・ジェイムスが演じるというのも面白いです。