Home 海外NEWS ジェニファー・ガーナーが子どもたちの希望を親が何でも叶える日を描く『Yes Day』を企画

ジェニファー・ガーナーが子どもたちの希望を親が何でも叶える日を描く『Yes Day』を企画

ジェニファー・ガーナーが子どもたちの希望を親が何でも叶える日を描く『Yes Day』を企画
0

ジェニファー・ガーナーが自身が主演する映画として、子どもたちの希望を何でも叶える日を描く『Yes Day』を企画、プロデュースします。


子どもたちが「朝からピザが食べたい」「夜更かししたい」など、普段ならダメと言われるようなことを、”イエス・デイ”に限って親は全て「イエス」と答えなければいけません。そんな一日をコミカルに描きます。

この企画はエイミー・クラウス・ローゼンタール著の児童書「Yes Day!」を原案にしています。彼女は2017年、卵巣がんでこの世を去っています。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


Sorry, but item not found.


監督は『アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日』でジェニファー・ガーナーと一緒に仕事をしているミゲル・アルテタを予定しています。

実生活で3人の子を持つジェニファー・ガーナーが自身の主演映画として企画開発をしていることもあり、楽しいファミリー映画になりそうですね。今後の企画の進捗が楽しみです。