Home 海外NEWS 『ワンダーウーマン』北米での興行成績が『ハリーポッター』を抜いてワーナー映画歴代3位に

『ワンダーウーマン』北米での興行成績が『ハリーポッター』を抜いてワーナー映画歴代3位に

『ワンダーウーマン』北米での興行成績が『ハリーポッター』を抜いてワーナー映画歴代3位に
0

8月25日に日本公開を控えている『ワンダーウーマン』が、北米で大ヒットして数々の記録を打ち立てています。ワーナー・ブラザース作品では歴代3位の北米での興行収益になることが確実となり、今年公開されたスーパーヒーロー映画では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を抜くのも確実となっています。


現時点で『ワンダーウーマン』の北米での興行収益は3億8068万ドル。全世界での興行収益は7億6600万ドル。

全世界で大ヒット中の『モンスター』パティ・ジェンキンス監督作『ワンダーウーマン』(日本公開8月25日)が、女性監督作の実写映画として史上最高のヒットとなるのが確実となりました。これまで女性監督が単独で...

ワーナー・ブラザース作品の、北米での歴代成績は
1.『ダークナイト』5億3334万ドル
2.『ダークナイト ライジング』4億4813万ドル
3.『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』3億8101万ドル
4.『ワンダーウーマン』3億8068万ドル

となっていますが、『ワンダーウーマン』が3位になるのは時間の問題です。

また、今年公開されたスーパーヒーロー映画の北米での興行収益も、現時点では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の3億8657万ドルがトップですが、これも抜くのは時間の問題。今年北米で一番ヒットしたスーパーヒーロー映画になります(全世界では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の方が上です)。

そして2017年に北米で公開された映画としては3位になり、1位の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』2位の『美女と野獣』と、上位3作品が女性が主人公の映画となります。ジャンル的にはSF/外伝、ファンタジー/アニメの実写化、スーパーヒーロー/コミック実写化と、きれいに分かれているのも面白いです。

この大ヒットを受けて『ワンダーウーマン』は続編が決定しました。パティ・ジェンキンス監督の続投も決定して、すでにプロットに取り掛かっているそうですが、今度は舞台が80年代の米ソ冷戦時代になるようです。