Home 海外NEWS オーウェン・ウィルソン、ジュリア・ロバーツ出演の児童文学映画化『Wonder(原作邦題:ワンダー Wonder)』に出演

オーウェン・ウィルソン、ジュリア・ロバーツ出演の児童文学映画化『Wonder(原作邦題:ワンダー Wonder)』に出演

オーウェン・ウィルソン、ジュリア・ロバーツ出演の児童文学映画化『Wonder(原作邦題:ワンダー Wonder)』に出演
0

顔に障害を持つ10歳の男の子と周囲の人々を描いた児童文学の映画化『Wonder(原作邦題:ワンダー Wonder)』でオーウェン・ウィルソンが出演することがわかりました。


『Wonder』は、両親、姉たちと普通に暮らす、生まれつき顔に障害があるオーガストが主人公。その顔のためこれまでは自宅学習をしていましたが、10歳で初めて姉と同じ学校に通うことになります。そこでオーガストはいじめにあったり、友だちができたり色々なことを経験します。そんなオーガストと家族、友達たちみんなの1年間を描いたお話です。

AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

オーガスト役に『ルーム』のジェイコブ・トレンブレイ、母親役にジュリア・ロバーツ。
監督に『ウォールフラワー』の原作・監督・脚本スティーブン・チョボスキー、脚本に『LIFE!/ライフ』『幸せのちから』のスティーブン・コンラッド。
原作は各章ごとに登場人物の独白が変わる形で進みます。それにより様々な視点で、オーガストを中心としたお話が描かれています。映画ではこの構成をどうするのか、自身が小説家でもあるスティーブン・チョボスキーがこの原作をどう映画にするか興味深いです。

顔に障害を持つ10歳の男の子と周囲の人々を描いた児童文学の映画化『Wonder(原作邦題:ワンダー Wonder)』の全米公開日が2017年4月7日に設定されました。主演は『ルーム』のジェイコブ・トレンブレイ、母親役は...

公式発表はありませんが、オーウェン・ウィルソンは父親役と思われます。

あとは物語で重要な役割を果たすお姉さん役ですね。
『Wonder』の全米公開予定日は2017年4月7日です。