Home 海外NEWS ヒラリー・スワンク主演、アルツハイマーの母とその家族を描く『What They Had』

ヒラリー・スワンク主演、アルツハイマーの母とその家族を描く『What They Had』

ヒラリー・スワンク主演、アルツハイマーの母とその家族を描く『What They Had』
0

ヒラリー・スワンク主演、アルツハイマーの母とその家族の関係を描く『What They Had』をご紹介。


シカゴに帰省したヒロイン(ヒラリー・スワンク)。そこにはアルツハイマーの母(ブライス・ダナー)と看病に疲れた父(ロバート・フォスター)がいました。家族を巡るお話です。

ヒロインの兄役にマイケル・シャノン、ヒロインの娘役にタイッサ・ファーミガが参加しています。
監督・脚本は女優のエリザベス・チョムコ(Elizabeth Chomko)。初の監督作となります。

撮影は今年の3月に開始され、すでに終了しています。
『What They Had』は2018年公開を目指します。