Home 海外NEWS 『ハート・オブ・ウーマン』が男女の立場が逆転してタラジ・P・ヘンソン主演でリメイク

『ハート・オブ・ウーマン』が男女の立場が逆転してタラジ・P・ヘンソン主演でリメイク

『ハート・オブ・ウーマン』が男女の立場が逆転してタラジ・P・ヘンソン主演でリメイク
0

メル・ギブソン主演、ナンシー・マイヤーズ監督、女性の心の声が聴こえるようになったプレイボーイを描いた『ハート・オブ・ウーマン(原題:What Women Want)』(2000)が、男女の立場を逆転させてタラジ・P・ヘンソン主演で『What Men Want』としてリメイクされます。


『ハート・オブ・ウーマン』はメル・ギブソン演じるニューヨークの広告代理店で働くプレイボーイが、突然女性の心の声が聞えるようになり、アケスケな女性の心の声を聞くことで、女性を理解していく…というお話でした。
ナンシー・マイヤーズ監督・脚本で2000年に公開され、大ヒットを記録しました。

今回のリメイクは男女逆転バージョンです。タラジ・P・ヘンソン演じるのは、スポーツ選手のエージェント。彼女は男性社会のスポーツ界でいつも隅に追いやられていました。ある日、男性の心の声が聞えるようになった彼女は、みんなが狙っているNBAの次期有望株の選手の獲得で優位になる…というお話です。

プロデューサー陣に、今年大ヒットした『Girls Trip』など黒人系キューティー映画でヒットを連発しているプロデューサー、ウィル・パーカーがいます。

レジーナ・ホール、クィーン・ラティファ、ジェイダ・ピンケット=スミス、ティファニー・ハディッシュ共演、40代の女友達4人組が旅を通じて友情を確かめ合う『Girls Trip』が、早くも全米興行収益1億ドルを突破...

彼の企画・製作会社パーカー・プロダクションはユニバーサル・ピクチャーズとファースト・ルック契約を結んでいますが、本作はパラマウント・プレイヤーズという、パラマウント系の新しい企画・製作会社が間に入っています。
パラマウント・ピクチャーズが自社のリメイク企画で、キューティー映画のヒットメイカーであるウィル・パーカーを招いた形になっています。

『What Men Want』の監督、脚本は未定ですが、すでに公開日はすでに設定されており、2019年1月11日となっています。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)