Home 海外NEWS マイリー・サイラス主演で企画されていた、YA小説「Wake」映画化企画が再始動

マイリー・サイラス主演で企画されていた、YA小説「Wake」映画化企画が再始動

マイリー・サイラス主演で企画されていた、YA小説「Wake」映画化企画が再始動
0

wake-re-development_002010年マイリー・サイラス主演で企画されたまま停滞していた、夢の中に入る特殊能力を持つ女子高生が活躍するYA小説「Wake」の映画化企画が再始動しているようです。


女流作家リサ・マクマンが2008年に発表したYA小説「Wake」は、他人の夢の中に勝手に入ってしまう特殊能力をもった女子高生のお話です。ヒロインはその能力のせいで、友達や彼氏の知られざる過去やトラウマなどを知ることになります。
最初は夢に入っても何も干渉出来ず、ただ他人の夢の中で何も出来ないまま見ているしかなかったのですが、やがて訓練により(笑)夢の中で事件を解決したり活躍し始めます。

Wake (Wake Trilogy Book 1) (English Edition) Kindleストア

価格¥1,035

順位2,161,147位

McMann, Lisa

発行Simon Pulse

発売日08.03.04

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


その後、シリーズ化され「Fade」「Gone」が刊行され「Wakeトリロジー」となっています。

The Wake Trilogy 洋書

価格¥2,908

順位2,844,031位

McMann, Lisa

発行Simon Pulse

発売日11.10.04

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

この「Wake」を2010年にパラマウント系列であるMTVフィルムズが映画化を企画。
マイリー・サイラスのお母さん、ティッシュ・サイラスが運営している企画会社Hope Town Entertainmentがプロデュースにも関わり、マイリー・サイラス主演で企画が進められていました。

その後映画企画は停滞していましたが、ここにきてCGアニメ『ランゴ』の原案を担当したジェームズ・ウォード・バーキットと、同じく『ランゴ』で非公開ながら原案に参加し声優として参加していた、ジェームズのパートナー、アレックス・マヌジャンが脚本を担当することになり、企画が再始動しました。

まぁ、もう今ならマイリー・サイラス主演はないでしょう。今のイメージだとティーンの役をやるのも厳しいでしょうし、マイリーはディズニーを離れてからの映画がいずれも失敗しています。歌手としては話題とヒット作を出し続けているので、今後女優業をやるとは思えないのですが…、そういう意味では主題歌での参加はあるかもしれませんね。

ミス・エージェント [DVD] DVD

価格¥2,500

順位181,887位

出演マイリー・サイラス, ジェレミー・ピヴェン, マイク・オマリー, ほか

監督トム・ヴォーン

発行東宝

発売日14.02.21

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

「Wake」は近年流行りのトゥイーン、ティーン向けYA小説をキューティー映画化する企画の1つですが、どの会社も人気シリーズにしたいという思惑で企画しています。ライオンズ・ゲートの『トワイライト』『ハンガー・ゲーム』のヒットぶりを見れば、映画会社としては欲しいシリーズラインです。

今回はパラマウントによる企画ですが、パラマウントは近年、MTVフィルムズ含めてキューティー映画の企画が弱い印象です。それだけに人気YA小説が原作の映画、そしてシリーズ化は欲しいところでしょう。