Home 海外NEWS 女流作家2人の同性愛を描く『Vita & Virginia』ヴァージニア・ウルフ役がエヴァ・グリーンからエリザベス・デビッキ

女流作家2人の同性愛を描く『Vita & Virginia』ヴァージニア・ウルフ役がエヴァ・グリーンからエリザベス・デビッキ

女流作家2人の同性愛を描く『Vita & Virginia』ヴァージニア・ウルフ役がエヴァ・グリーンからエリザベス・デビッキ
0

ヴァージニア・ウルフとヴィタ・サックヴィル=ウェスト、女流作家2人の同性愛を描く『Vita & Virginia』のヴァージニア・ウルフ役がエヴァ・グリーンからエリザベス・デビッキ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』)に変更となりました。


『Vita & Virginia』は、1920年代のロンドンを舞台に、イギリスの女流作家、ヴァージニア・ウルフとヴィタ・サックヴィル=ウェストの関係はプラトニックな同性愛と生涯に渡る友情を描きます。
ヴィタ・サックヴィル=ウェストがバイセクシャルであったことと、2人共に当時進歩的な夫婦生活を送っていたこともあって、お互い結婚していながら2人の関係は約10年間続きました。恋愛関係が終わった後も2人の友情は続いたそうです。

ヴィタ・サックヴィル=ウェスト役にジェマ・アータートン。以前、この企画はヴァージニア・ウルフ役にエヴァ・グリーンがアナウンスされていましたが、スケジュールの都合で降板。オーストラリア出身のエリザベス・デビッキとなりました。

ヴァージニア・ウルフとヴィタ・サックヴィル=ウェスト、女流作家2人の恋愛と友情を描く実話を元にした『Vita & Virginia』に、エヴァ・グリーン(『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』)とジェマ・アー...

イザベラ・ロッセリーニ、ルパート・ペンリー=ジョーンズ、ピーター・フェルディナンドらが共演します。

監督・脚本はチャーニャ・バトン。共同脚本はイギリス出身の女優アイリーン・アトキンス(『マジック・イン・ムーンライト』『ロイヤル・セブンティーン』)。本作はアイリーン・アトキンスが1993年から演じてきた、ヴァージニア・ウルフとヴィタ・サックヴィル=ウェストの手紙のやり取りを舞台にしたものが元となっています。

撮影は9月からアイルランドでスタートします。