Home 海外NEWS 『ピッチ・パーフェクト 3』『グレイテスト・ショーマン』全米公開開始!全米週末興行成績は?!

『ピッチ・パーフェクト 3』『グレイテスト・ショーマン』全米公開開始!全米週末興行成績は?!

『ピッチ・パーフェクト 3』『グレイテスト・ショーマン』全米公開開始!全米週末興行成績は?!
0

『ピッチ・パーフェクト3』、『グレイテスト・ショーマン』と、当サイト注目のミュージカル系映画が先週末に全米公開されました。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がファンから総スカンを喰らい失速する中、クリスマス・シーズンで作品はどういう出足になったでしょう?


クリスマス時期の興行成績は毎年全体的に落ちます。しかし『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の先週からの興行収益が予想以上にグンと落ちました。大不評となっていることが如実に数字として現れています。

となると、本来リピーターとして、また新規客として『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に向かうはずだった観客たちを拾い上げる意味でも、先週公開された『ピッチ・パーフェクト3』、『グレイテスト・ショーマン』への観客の流動が気になります。

全米週末興行成績は以下の順位となっています。
1.『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』6848.6万ドル
2.『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(日本公開:2018年4月6日)3400万ドル
3.『ピッチ・パーフェクト3』2045.1万ドル
4.『グレイテスト・ショーマン』(日本公開:2018年2月16日)860万ドル
5.『Ferdinand』705万ドル

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は先週からの下落率が69%とはいえ、2位に倍近い差を付けています。さすがはスター・ウォーズといったところでしょうか?

意外なヒットとなったのは、なんと『ジュマンジ』の22年ぶりの続編となる『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。2位の大ヒットスタートとなっています。
体感型上映に適したエンタテインメントな内容にファミリー向けと、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の欠落した部分を補う形で、ファミリー層、若者層をきれいに取り込んだ形です。

『ピッチ・パーフェクト3』は3位スタートです。1作めの全米公開は9月で、そこから長期的なヒットとなり社会現象へ。2作目は全米公開が5月で大ヒットを記録。今回はクリスマスシーズンの公開となりましたが、メインの客層である若い女性たちはクリスマスで積極的に映画館に足を運びませんから、この公開時期では初速が鈍るのもわかります。今後の動きに注目です。

『グレイテスト・ショーマン』は4位スタート。若い客層は『ピッチ・パーフェクト3』、往年のミュージカル映画好きの大人層は『グレイテスト・ショーマン』ときれいに客層が分かれた形です。ただ、ちょっと予想以上に厳しい出足となっています。

面白いのがサントラのチャートです。『グレイテスト・ショーマン』のサントラが、米iTunesの総合チャートで、エミネム、エド・シーラン、テイラー・スウィフトの新譜を抑えて1位となっています。『ピッチ・パーフェクト3』のサントラは7位です。
米アマゾンのCD、配信チャートでも『グレイテスト・ショーマン』は1位(CDは3位ですが、上位2つはクリスマスの定番CDなので実質1位です)。興行成績的にはちょっと厳しいスタートですが、音楽の評価は非常に高いようです。

一方で『ピッチ・パーフェクト3』のサントラはこれまでと異なり、あまり話題になりませんしチャートでもあがってきません。これまでのサントラとは全く異なる動きの鈍さが気になります。やはり今回のアルバムの選曲に問題があるように思えます…

『ピッチ・パーフェクト』シリーズ第3弾『ピッチ・パーフェクト3』のサントラを元に、そのオリジナル曲(元ネタ)を集めてみました。世界最速です。『ピッチ・パーフェクト』シリーズ、これまでの元ネタ集です。1...