1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 全米週末興行『ヒットマンズ・ボディガード』1位スタート、オーブリー・プラザ主演作もヒット中

全米週末興行『ヒットマンズ・ボディガード』1位スタート、オーブリー・プラザ主演作もヒット中

全米週末興行『ヒットマンズ・ボディガード』1位スタート、オーブリー・プラザ主演作もヒット中
0

ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソン共演のバディ・アクションコメディ『ヒットマンズ・ボディガード』が全米週末興行で1位スタートです。また公開2週目となるオーブリー・プラザ&エリザベス・オルセン共演、SNSの有名人と女性ストーカーを描くコメディ『Ingrid Goes West』が高いスクリーン・アベレージを叩き出しています。


8月終盤の全米週末興行成績は全体に低調です。今年の中では下から2番目に低い週末興行成績となっています。1位となった『ヒットマンズ・ボディガード』も2160万ドルとかなり低い興行収益で1位です。

なぜキューティー映画のサイトで、司法取引のため殺し屋(サミュエル・L・ジャクソン)を守ることになったボディガード(ライアン・レイノルズ)2人の珍道中という、ごく普通のアクション・バディ・コメディを扱ったのかというと、本編とは関係なく「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を使った予告編、同じ構図のポスター…とタイトルが似ているというだけで、『ボディガード』をパロディーにしていたからです。それだけです(笑)

ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンによる、バディ・アクションコメディ映画『The Hitman’s Bodyguard』。そのタイトルからケヴィン・コスナー&ホイットニー・ヒューストン共演の名作『ボディーガード』をネタにしているのですが、パロディ・ポスターが公式として公開されました。『The Hitman’s Bodyguard』は、司法取引をした殺し屋(サミュエル・L・ジャクソン)が裁判までの間に命を狙われ続けるため、史上最高のボディガード(ライアン・レイノルズ)が彼を警護することになるが…というお話。ゲイリー・オールドマ...

『ヒットマンズ・ボディガード』は、日本ではNetflixで8月25日から配信開始です。

一方、公開2週目となるオーブリー・プラザ&エリザベス・オルセン共演、SNSの有名人に憧れた女性ストーカーを描くコメディ『Ingrid Goes West』が、公開2週目で全米26スクリーンという非常に小規模な公開ながら、32位から23位とジャンプアップ。さらにスクリーン・アベレージもベスト50で唯一の1万ドル超えで、最も高い数字を叩き出しています。今どきな題材が受けたのでしょうか?今後の動きに注目です。

オーブリー・プラザ演じるヒロインが、エリザベス・オルセン演じるSNSの人気者に憧れ、常軌を逸した行動で彼女をストーキングするコメディ映画『Ingrid Goes West』の予告編が全米公開を前に公開されました。『Ingrid Goes West』は、華やかな生活を披露しているネットの人気者タイラー(エリザベス・オルセン)の熱狂的なファンのイングリッド(オーブリー・プラザ)が、彼女に近づくため全てを投げ出してハリウッドに引っ越してきて、彼女を密かにストーキングしまんまと友人の座につきます。しかしその行動は次第に異常性を増してい...