Home 海外NEWS レベッカ・ホール&ジェイソン・サダイキス共演のキューティー映画『Tumbledown』撮影開始

レベッカ・ホール&ジェイソン・サダイキス共演のキューティー映画『Tumbledown』撮影開始

レベッカ・ホール&ジェイソン・サダイキス共演のキューティー映画『Tumbledown』撮影開始
0

tumbledown-start_00『噂のギャンブラー』でヒロインを演じていたレベッカ・ホールと『なんちゃって家族』ジェイソン・サダイキスが共演するキューティー映画『Tumbledown』の撮影が始まりました。


『Tumbledown』は有名なフォーク歌手だった夫を亡くしたヒロインが、その死から立ち直れないまま、夫の伝記を書こうと努力しますが書けずに苦労していた時に高飛車な作家と出会います。彼が夫を彼女が考えてるのとは全く違う側面で書くので、互いに反発しながら次第に伝記の共同作業をしていくことになる…というお話のようです。

このスクリプトから、ちょっとだけ『ラブソングができるまで』や『あなたにも書ける恋愛小説』の匂いがします。
[cptr]
反発し合いながら共同作業をする男女が、やがて互いを理解し、一緒に1つのものを完成させ、恋愛も発展する…という、キューティー映画王道の展開ですね。
今回はさらに、亡くなった夫の人生が、妻が見ていたものとは違う側面で他人によって書かれることで、妻が夫を知ることになるという、感動に持って行けるネタもありますね。なかなか面白そうです。

ほかには『マラヴィータ』でデ・ニーロの娘役を演じた「Glee」クイン役で有名なダイアナ・アグロン、ブライス・ダナー、グリフィン・ダン、リチャード・メイサーらが共演します。

監督は長編初監督のシーン・ミューショー、脚本はキューティー映画『13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ』のアシスタント・プロデューサーだったデジレ・ヴァン・ティルという、監督、脚本共に初キャリアな人たちです。
ある種プログラム・ピクチャーであるキューティー映画は初キャリアの人が取り組みやすいジャンルですし、キューティー映画をきっかけにキャリアを築く人も多くいます。キャリアの有無は心配になりません。

本作の撮影風景です。
tumbledown-start_01