Home 海外NEWS 14歳のサーフィンに熱中する多感な女の子を描く『Tribes Of Palos Verdes(原作邦題:波のかなた)』映画化、来年2月制作開始

14歳のサーフィンに熱中する多感な女の子を描く『Tribes Of Palos Verdes(原作邦題:波のかなた)』映画化、来年2月制作開始

14歳のサーフィンに熱中する多感な女の子を描く『Tribes Of Palos Verdes(原作邦題:波のかなた)』映画化、来年2月制作開始
3

高級住宅地に引っ越してきた双子の兄を持つ14歳のサーフィンに熱中する多感な女の子の日常を描く『Tribes Of Palos Verdes(原作邦題:波のかなた)』の映画制作が来年2月からスタートします。マイカ・モンローが主演、ジェニファー・ガーナーが母親役で出演します。


『Tribes Of Palos Verdes(原作邦題:波のかなた)』は、ロサンゼルスの海沿いに位置する高級住宅街パロス・ベルデスに引っ越してきた14歳のメディナが主人公。しかしメディナは学校に馴染めず、メディナの双子の兄はドラッグに溺れていき、母親は過食症で心を病み、そんな母親を外科医の父親は捨てて出ていく…と家族はバラバラです。そんなメディナを癒やしてくれるのはサーフィン。彼女はサーフィンに打ち込み現実の嫌なことを忘れようとする…というお話です。

ジョイ:ニコルソンの同名小説「The Tribes of Palos Verdes」が原作です。日本では「波のかなた」の邦題で出版されています。

波のかなた

価格¥90

順位2,679,258位

ジョイ ニコルソン

原著Nicholson,Joy

翻訳有香, 宮下

発行ソニーマガジンズ

発売日01.09.01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

本来、本作はもっと早くに制作される予定でしたが、企画を持っていたレラティビィ・メディアの倒産の影響を受けストップしていました。

レラティビィ・メディア倒産の危機?!

主演のメディナには『ザ・ゲスト』マイカ・モンロー。彼女自身カイト・ボーディングのプロ選手なので、サーフィンシーンもスタント無しでこなすと思われます。
tribes-of-palos-verdes-film_01
母親役はジェニファー・ガーナー。
監督は『クールボーダー』ブレンダン&エメット・マロイ兄弟監督。脚本は『アドミッション -親たちの入学試験-』カレン・クローナー。監督にはスポーツ映画経験者、脚本は女性という配置で繊細な原作を映画化します。

撮影は2016年2月からロサンゼルスでスタートします。