Home 海外NEWS 『グリース・ライブ!』の監督が20世紀フォックステレビジョンで新会社設立

『グリース・ライブ!』の監督が20世紀フォックステレビジョンで新会社設立

『グリース・ライブ!』の監督が20世紀フォックステレビジョンで新会社設立
0

今年1月に米FOXにて生放送が行われ大好評を博した『グリース・ライブ!』、そして大人気ミュージカルで今年のトニー賞を独占した『ハミルトン』、その両方を演出したトーマス・カイルが、20世紀フォックステレビジョンのもと、新しい企画製作会社を立ち上げることになりました。


今年発表された第70回トニー賞にて「ハミルトン」でミュージカル演出賞を受賞したトーマス・カイルの新会社は『グリース・ライブ!』のプロデューサー、マーク・プラットと『グリース・ライブ!』の助監督ケイト・サリヴァンと共に設立されます。
今後、企画開発はケイト・サリヴァン中心に行われ、企画のファーストルック権は20世紀フォックステレビジョンとなり、同時に20世紀フォックステレビジョンから企画開発依頼も来ることになります。

この動きは、今後FOXがテレビでのミュージカル放送を継続的に、さらに積極的にしていくことを示しています。

今年1月、FOX初となる生放送ミュージカル『グリース・ライブ!』を放送しましたが、これが視聴数・評価ともに大成功となります。FOXは続けて、街一つ使った大規模な生放送クリスチャン・ミュージカル『The Passion』を放送。

1月に放映し大成功を収めた「Grease Live!」に続く、現地時間3月20日に放映される米FOXの生中継ミュージカル「The Passion」が、放送直後にNetflixで配信されることがわかりました。生ミュージカル番組「The Pass...

さらに現地時間10月20日には『ロッキー・ホラー・ショー』のリメイク版を放送と、元々この「生放送ミュージカル放送」を始めて定着させた米NBC以上にミュージカルの放送を積極的に進めています。
米FOXでこの秋放送される大型リメイク版TV映画『ロッキー・ホラー・ショー』の全米放送日がサンディエゴで行われているコミコンで発表されました。最近アメリカのTV局では有名ミュージカルのリメイクTV映画が流行...

現在、アメリカのTVで放送される生放送ミュージカルは有名作品のリメイクが主ですが、今回の会社設立の動きから今後はオリジナルの新作も出てくることになるかもしれません。ミュージカルの楽しみ方が広がりそうです。

さらにFOXはトーマス・カイルを引き入れたことで、当然「ハミルトン」の生放送も狙っていると思います。