Home 海外NEWS これが本当の実力!イディナ・メンゼルがジミー・ファロンと歌った「Let It Go」

これが本当の実力!イディナ・メンゼルがジミー・ファロンと歌った「Let It Go」

これが本当の実力!イディナ・メンゼルがジミー・ファロンと歌った「Let It Go」
3

the-tonight-show-let-it-go_00現地時間3月2日に行われたアカデミー賞で『アナと雪の女王』は、長編アニメーション賞と歌唱曲賞を受賞しました。誰もが納得の受賞です。しかしアカデミー賞授賞式で歌われたイディナ・メンデルによる「Let It Go」のパフォーマンスは調子はずれで残念な結果に終わってしまいました。


アカデミー賞でのイディナのパフォーマンスはこちらをどうぞ。
第86回アカデミー賞パフォーマンスまとめ
受賞式から明けた翌日、イディナは『2番目のキス』でドリュー・バリモアを共演した人気コメディアン、ジミー・ファロンが司会をする「ザ・トゥナイト・ショー」に出演しました。

ザ・トゥナイト・ショーは、60年続くアメリカの人気深夜トーク番組です。現在、今年の2月から司会者がジミー・ファロンになり、番組名が「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」となっています。

その中でジミー・ファーロンと、バンドのザ・ルーツが歌を披露するコーナーがあります。楽器はおもちゃの楽器などを使います。そこにイディナ・メンデルが加わり「Let It Go」を披露。これが素晴らしかった。前日のヨレヨレだった「Let It Go」が吹き飛ぶくらい、素晴らしい歌いっぷりでした。

これまで、イディナがライブや舞台で「Let It Go」を披露したことは、去年の米D23から始まり、アカデミー賞授賞式まで何度かありましたが、オフィシャルな映像として生歌がフルで披露されたのは、アカデミー賞受賞式くらいでした。それだけにパーフェクトじゃなかったパフォーマンスへのガッカリ感もハンパなかったのですが、今回は完璧です。
座りながらの、声量と歌いっぷりは、さすがブロードウェイでならしだだけはありますね。

以下がその時の動画です。