Home 海外NEWS 『かぐや姫の物語』アメリカ公開日決定!かぐや姫の声にクロエ・グレース・モレッツ

『かぐや姫の物語』アメリカ公開日決定!かぐや姫の声にクロエ・グレース・モレッツ

『かぐや姫の物語』アメリカ公開日決定!かぐや姫の声にクロエ・グレース・モレッツ
2

the-tale-of-princess-kaguya-voice_00
高畑勲監督のジブリアニメ『かぐや姫の物語』がいよいよ『The Tale of Princess Kaguya』のタイトルで10月から全米公開です。公開日と英語版の吹替えのキャストが発表になりました。かぐや姫の声にクロエ・グレース・モレッツ、他にジェームズ・カーン、メアリー・スティーンバージェン、ダレン・クリス、ジェームズ・マースデンら豪華声優陣となります。


[col_full] [col_third]かぐや姫:朝倉あきthe-tale-of-princess-kaguya-voice_01クロエ・グレース・モレッツ[/col_third] [col_third] 翁(おきな):地井武男the-tale-of-princess-kaguya-voice_02ジェームズ・カーン[/col_third] [col_third_last] 媼(おうな):宮本信子
the-tale-of-princess-kaguya-voice_03メアリー・スティーンバージェン [/col_third_last] [/col_full] [col_full] [col_third] 捨丸:高良健吾the-tale-of-princess-kaguya-voice_04ダレン・クリス [/col_third] [col_third] 女童:田畑智子the-tale-of-princess-kaguya-voice_05ヒンデン・ウォルチ(声優) [/col_third] [col_third_last] 相模:高畑淳子the-tale-of-princess-kaguya-voice_06ルーシー・リュー[/col_third_last] [/col_full]

[col_full] [col_third]斎部秋田:立川志の輔the-tale-of-princess-kaguya-voice_07 ジョージ・シーガル [/col_third] [col_third] 車持皇子:橋爪功the-tale-of-princess-kaguya-voice_08ボー・ブリッジス [/col_third] [col_third_last] 石作皇子:上川隆也the-tale-of-princess-kaguya-voice_09ジェームズ・マースデン [/col_third_last] [/col_full]
[col_full] [col_third] 阿部右大臣:伊集院光the-tale-of-princess-kaguya-voice_10オリヴァー・プラット [/col_third] [col_third]大伴大納言:宇崎竜童the-tale-of-princess-kaguya-voice_11ダニエル・デイ・キム [/col_third] [col_third_last] 石上中納言:古城環the-tale-of-princess-kaguya-voice_12ジョン・チョー [/col_third_last] [/col_full]

[col_full] [col_third]北の方:朝丘雪路the-tale-of-princess-kaguya-voice_13エミリー・ブリッジス[/col_third] [col_third_last] 御門:中村七之助the-tale-of-princess-kaguya-voice_14ディーン・ケイン [/col_third_last][/col_full]

映画でロマンスが関わるキャラクターには、gleeのダレン・クリスやジェームズ・マースデンなど、キューティー映画でお馴染みの役者さんを配置しているのがいいですね。
要所要所にアジア系、しかも人気のある実力派が配役されているように思います。
日本の伝統に関する配慮でしょうか?御門役のディーン・ケインは日系で元スーパーマン役です(笑)

北の方役のエミリー・ブリッジスはボー・ブリッジスの娘で、明らかに親のコネ出演です。
ジブリの『コクリコ坂から』の英語版の時もボー・ブリジッジスは吹替えをしているのですが、その時も親のコネで出ています。

全米公開は10月17日からです。

今年、アメリカで公開されるアニメで、アカデミー賞長編アニメ映画賞で対抗馬になりそうなのは、『LEGO® ムービー』『ヒックとドラゴン2』、『かぐや姫の物語』と同日公開の、ギレルモ・デル・トロ総指揮『The Book Of Life』あたりでしょうか。

『かぐや姫の物語』は、4月のアヌシー国際アニメーション映画祭2014で名誉賞を受賞していますし、今回北米配給を行うGKIDSは、主にアート系や良質な子供向けのアニメ作品を配給していて、これまでもアカデミー賞に多くノミネート作品を送り込んでいる会社です。
そういう意味では、2015年のアカデミー賞長編アニメ映画賞に一番近い作品だと思いますし、日本発の、アニメでは久々のキューティー映画が受賞することを期待しています。