1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ケイト・マッキノン&ミラ・クニス共演、スパイ・コメディ『The Spy Who Dumped Me』

ケイト・マッキノン&ミラ・クニス共演、スパイ・コメディ『The Spy Who Dumped Me』

ケイト・マッキノン&ミラ・クニス共演、スパイ・コメディ『The Spy Who Dumped Me』
0

ケイト・マッキノンとミラ・クニスが、スパイもののコメディ・キューティー映画『The Spy Who Dumped Me』で共演することがわかりました。


『The Spy Who Dumped Me』は親友同士の女性2人の片方が、昔付き合ってて振られた男が実はスパイだったことがわかり、いつの間にか国際的な陰謀に巻き込まれていく…というアクション・コメディです。

スパイに振られた方のヒロインを演じるのがミラ・クニスでしょうか?で、ケイト・マッキノンがツッコミ役?何となくそういうイメージですが、どうでしょう?

監督・脚本はドラマ「マイ・ライフ ~私をステキに生きた方法~」のプロデューサー、スザンナ・フォーゲル。共同脚本は「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」デヴィッド・アイサーソン。

スザンナ・フォーゲルはレズビアンとストレートの女同士の友情を描くレイトン・ミースター、ジリアン・ジェイコブス共演の日本未公開作品『Life Partners』で監督をしています。

いつも一緒の仲良し2人組。片方はゲイで片方はストレート。そんな2人の友情が、ストレートの方に彼氏が出来たことで変化していく…というお話。レイトン・ミースター、ジリアン・ジェイコブス、アダム・ブロディ、ケイト・マッキノン、ガボレイ・シディベ、グリア・グラマーほか。監督・脚本はスザンナ・フォーゲル。VOD配信は2014/11/6〜。全米公開は2014/12/5〜https://youtu.be/AgCPs6iKF2w監督のスザンナ・フォーゲルと共同脚本のジョニ・レフコウィツはこれまでもずっとコンビで活動しています。彼女たちはこの作品を作るにあたり...

タイトルの『The Spy Who Dumped Me』はロジャー・ムーアがジェームズ・ボンドを演じた『007 私を愛したスパイ』(1977)の原題『The Spy Who Loved Me』をもじったものです。邦題がつくとしたら『私をフッたスパイ』でしょうか。

撮影はこの夏から開始されるとのことですが、ミラ・クニスは去年大ヒットしたキューティー映画『バッド・ママ』の続編、全米11月公開予定の『A Bad Moms Christmas』の撮影が5月から開始される予定で、多忙を極めそうです。

ミラ・クニス、クリステン・ベル、クリスティナ・アップルゲイトらが共演し、子育てに疲れたママたちを楽しく描いた大ヒット・キューティー映画『Bad Moms』の続編『A Bad Moms Christmas』が決定しました。タイトルから今度はクリスマスを舞台にお母さんたちの奮闘がコミカルに描かれます。『バッドママ』は良妻賢母をこなしてストレスが溜まっていたヒロインのママ(ミラ・クニス)が、ママ友(クリステン・ベル、キャスリン・ハーン)らと一緒にどんちゃん騒ぎをし、さらにPTAを支配するセレブママ(クリスティナ・アップルゲイト)...

一方、ケイト・マッキノンは全米で6月公開、スカーレット・ヨハンソン初のコメディ主演映画『Rough Night』に出演していますし、その他にも出演作が複数決定しています。
スカーレット・ヨハンソン主演のコメディ、バチェロレッテ・パーティーに呼んだ男性ストリッパーが死んでさぁ大変!という『Rough Night』の予告編が公開されました。これ、スカーレット・ヨハンソンの代表作になるんじゃないでしょうか?傑作の予感です。昨日、正式タイトルとポスターが公開された『Rough Night』、結婚前に女性だけで行うバチェロレッテ・パーティーをするためにマイアミビーチの部屋を借りた5人の女性たちが、呼んだ男性ストリッパーをあやまって殺してしまい、その処理にアタフタする…というブラック・コメディで...