Home 海外NEWS ブレイク・ライブリーvsサメ『ロスト・バケーション』全米公開開始。好スタート

ブレイク・ライブリーvsサメ『ロスト・バケーション』全米公開開始。好スタート

ブレイク・ライブリーvsサメ『ロスト・バケーション』全米公開開始。好スタート
0

ブレイク・ライブリーが1人でサメと対峙する『ロスト・バケーション』(日本公開7月23日)が現地時間6月24日に全米公開が開始されました。週末の興行成績は4位スタート。出演者はほぼブレイク・ライブリーのみという低予算映画としては好スタートを切っています。


『ロスト・バケーション』は、憧れの秘境ビーチに休暇で訪れた医者のナンシー(ブレイク・ライヴリー)が、念願のサーフィンに没頭するところから始まります。しかし巨大なサメが襲いかかり、ナンシーは命からがら近くの岩場に登ります。サメが岩場の周りを旋回して動けません。時間とともに潮が満ち、岩場が沈むまで残された時間は100分。岩場から岸までは200メートル。ナンシーは1人、この状況から脱しようと奮闘する…というお話です。

女性が1人サメと対峙する様をサスペンスタッチで描く、キューティー映画時代の『ジョーズ』です。

劇中の登場人物はほぼブレイク・ライブリーのみ。製作費が1700万ドルという低予算映画で作られています。
監督は『ラン・オールナイト』など、スリラーやホラーを多く撮っているジャウム・コレット=セラ。脚本は『KRISTY クリスティ』アンソニー・ジャスウィンスキー。

ブレイク・ライヴリーが1人でサメと対峙する『ロスト・バケーション』から、「The Beginning」と名づけられた新しい予告編が公開されました。憧れの秘境ビーチに休暇で訪れた医者のナンシー(ブレイク・ライヴリ...

全米2962スクリーンでスタートした週末の興行収益は1670万ドル。ほぼ製作費の回収が出来た形になります。
客層は20代の女性客が多いそうで、元々演技力が高く、「The O.C.」でファッション・アイコンになったブレイク・ライブリーの起用が成功したと考えていいようです。
今後、日本での興行収益を含めてどれくらい伸ばせるか注目です。