Home 海外NEWS 制作が中断されていた『Mortal Instruments』(シャドウハンター 骨の街)の続編、再始動へ

制作が中断されていた『Mortal Instruments』(シャドウハンター 骨の街)の続編、再始動へ

制作が中断されていた『Mortal Instruments』(シャドウハンター 骨の街)の続編、再始動へ
1

the-mortal-instruments-restart_00リリー・コリンズ&ジェイミー・キャンベル・バウアー共演の人気YA小説の映画化『The Mortal Instruments City of Bones』(原作邦題:シャドウハンター 骨の街)。8月21日から全米で公開されたのですが思ったほど興行収入が伸びず、この秋から撮影が始まろうとしていた続編『The Mortal Instruments: City of Ashes』(原作邦題:シャドウハンター 灰の街)は制作中断に。このまま終了かと思っていたら、ここに来て続編制作が再始動することになりました。


『The Mortal Instruments』(シャドウハンター 骨の街)の続編制作が中断
『The Mortal Instruments』シリーズは、NYを舞台に妖魔たちを退治する秘密部隊「シャドウハンターズ」たちの活躍を描くお話です。リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアーほか若手俳優が出演し、コスプレチックな衣装とちょっとデカダンな雰囲気の中、CGを駆使したアクションを展開する映画です。

今回、製作会社の幹部が海外メディアのインタビューに答えているのですが、『The Mortal Instruments City of Bones』の失敗を分析し、新たなコンセプトで来年から続編『The Mortal Instruments: City of Ashes』制作を再開するとのこと。続編にはシガニー・ウィーバーが登場する予定でしたが、今度の再始動する続編に参加するかは未定です。

幹部の発言によると、前作の失敗は原作ファンのほとんどが20代以上であるのに、映画をティーン向けに設定しティーン中心の宣伝展開をしたため、原作ファンを動員できなかったと分析しています。

実際にこの映画をアメリカで見た者として感想を書くと、最大の問題は説明セリフだらけの凡庸な脚本と、深みのないキャラクター設定でした。
この映画でいいのは若手俳優のビジュアルです。男女ともに、コスプレちっくな格好はよかったです。そのビジュアルを活かす「ちょっと暗めでシンプルな」お話があれば、もっとファンは付いたと思います。

この人気YAシリーズの映画化は『トワイライト』サーガの大ヒットに続くために企画されたものですが、他のこの手の企画映画同様、『トワイライト』の成功ポイントの重要な一つを見過ごしています。
『トワイライト』の映画って、原作で描かれているものが全部入っているのに、原作そのままの構成じゃないんですよね。
絶妙に映画用に構成が整理され改変されています。ファンが納得する絶妙な改変を行った『トワイライト』サーガ脚本のメリッサ・ローゼンバーグの手腕はもっと評価されてもいいと思っています。
この、絶妙な原作のアレンジが他の映画のどれも足りません。

それと、幹部はティーン中心の宣伝展開をしたと語っていますが、そもそもティーンに対してちゃんと宣伝が出来ていませんでした。

cueは今年の夏に行われたサンディエゴのコミコンで『Mortal Instruments』の記者会見を見ています。キューティー映画である『Mortal Instruments』の会見を見るために3時間並びました。生リリー・コリンズも生ジェイミー・キャンベル・バウアーも見ました!(遠くでちっこかったけど)、その後再び別件で渡米した際、たまたま公開が始まったばかりだった『Mortal Instruments』を映画館で観るという、気付いたら何だか『Mortal Instruments』大好きっ子的な追っかけになっていました(笑)
とまぁ、そんな感じでこの映画の前宣伝、映画館での客層を実際に見ています。

その印象だと、ティーンが多く集まるコミコンで出演者を全員呼んで、かなり派手なティーチインをやったわりには、それが公開時、ティーンの動員に繋がっていませんでした。
ティーチインの時の初出し映像や予告編の構成がダメでした。本編の中で最もホラーテイストが強いアクションシーンを中心に見せていました。
映像としてはかなり迫力があってカッコいいのですが、その反面、怖がった人もいたんじゃないかと思います。
アクション中心に見えてしまい、ロマンス要素があまり感じられないのでは、ティーン女子の支持は得づらいかと。
出演陣や内容はティーン女子の支持を得やすい内容なので、その辺を強く押し出す宣伝が弱かったと思います。

さて、20代以上の大人の観客対象に設定し直すらしい続編『The Mortal Instruments: City of Ashes』はどういうタッチになるんでしょう?
とにかく中断せずシリーズが続くことは、「追っかけ」の身としても良かったです(笑)続編についての朗報を待ちたいと思います。