Home 海外NEWS リース・ウィザースプーン、ナンシー・マイヤーズの新作キューティー映画企画から降板

リース・ウィザースプーン、ナンシー・マイヤーズの新作キューティー映画企画から降板

リース・ウィザースプーン、ナンシー・マイヤーズの新作キューティー映画企画から降板
0

『恋するベーカリー』『ホリデイ』監督のナンシー・マイヤーズが準備している、ロバート・デ・ニーロ出演の新作キューティー映画『The Intern』でヒロインを演じる予定だったリース・ウィザースプーンが降板しました。


『The Intern』はファッションサイトを運営している会社の女性社長が、福祉事業として高齢者をインターンとして雇用しないといけなくなり、採用したおじいさんとの間に生まれるジェネレーション・ギャップでいがみ合いながらも、やがて友情が生まれる…というストーリー。

この作品でリースはヒロインの女性社長を、デ・ニーロは雇われた高齢者を演じ、共演する予定でした。

キューティー映画の巨匠ナンシー・マイヤーズ原案の新作企画で、リース・ウィザースプーンとロバート・デ・ニーロが共演しそうです。ナンシー・マイヤーズは近年『恋するベーカリー』『ホリデイ』などを作った監...

製作スタジオはリースに代わって、『ブライズメイズ』のクリステン・ウィグにアプローチしたいと考えているようです。

歳が離れた男女のコメディだと最近では、若手プロデューサー役のレイチェル・マクアダムスと有名で高慢なキャスター役のハリソン・フォードで作った『恋とニュースのつくり方』がありましたが、この手のシチュエーションはたいてい、上司の老人と若い部下(または格下)の女性という上下関係で話が進みます。
『The Intern』は若い女性の方が立場は上で、年長で経験もある男性の方が立場が弱いという逆転した2人の関係がポイントです。

恋とニュースのつくり方 [Blu-ray] DVD

価格¥980

順位5,028位

出演レイチェル・マクアダムス, ハリソン・フォード, ダイアン・キートン, ほか

監督ロジャー・ミッシェル

発行パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

発売日12.04.13

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


勝手な予想ですが、なんとなく最終的にはヒロイン役にエイミー・アダムスがキャスティングされるんじゃないかという感じもしますが。