Home 海外NEWS ジェニファー・ローレンスが歌う『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』劇中歌がチャートイン

ジェニファー・ローレンスが歌う『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』劇中歌がチャートイン

ジェニファー・ローレンスが歌う『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』劇中歌がチャートイン
0

the-hanging-tree-single-chart_0011月21日に公開された「ハンガー・ゲーム」シリーズの3作目『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』、公開2週目となる今週末の週末興収も1位を獲得しています。映画のヒットに反映して、劇中でジェニファー・ローレンスが歌う曲がシングルカットもしていないのにシングル・チャートで上位にランクインして話題になっています。


全米公開中『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』日本公開決定!

「ハンガー・ゲーム」シリーズのサントラは、既存の歌を集めたオムニバス・サントラと、「オリジナル・スコア」と呼ばれる映画の中で使われるBGM(劇伴)のサントラの2種類が出ています。

今回話題になっているのは、オリジナル・スコア盤に収録されている「The Hanging Tree」という曲です。
この曲は、物語の中でジェニファー・ローレンス演じるヒロイン:カットニスが歌い、それが反乱軍や市民の心の支えとなるという、映画で重要な役割を持っています。

この曲が、映画が公開された後24日にオリジナル・スコアが発売されるやいなや、イギリスのチャートで29位にランクインしたり、米iTunes総合シングル・チャートでいきなり2位で登場したりします。

サントラ・チャートではなく「シングル・チャートで」です。テイラー・スウィフトやワン・ダイレクションたちと肩を並べているわけです。
しかも、一般的に売れるオムニバス・サントラの方ではなく、オリジナル・スコアに収録された曲。さらにこの曲はシングルカットされていません。
なのに、すでに15万以上ダウンロード販売されています。収録されているアルバムが売れるのではなく、その中の曲だけが売れるというのは、今の音楽の販売形態だからこそ起きる現象で面白いです。

この数字を持ってすれば、現地時間3日に更新されるビルボードの総合シングルチャートにも確実に100位以内にランクインしてくると予想されており、歌手や歌うことを嫌がっているジェニファー・ローレンスが、音楽チャートにランクインするということになります。

そして、これが「The Hanging Tree」です。音楽の展開や盛り上がり方から想像するに、映画の中で感動的な使われ方をするのでしょうか?気になります。