1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ビートルズの伝説的なマネージャーの伝記コミックが『チアーズ』監督で実写映画化!

ビートルズの伝説的なマネージャーの伝記コミックが『チアーズ』監督で実写映画化!

ビートルズの伝説的なマネージャーの伝記コミックが『チアーズ』監督で実写映画化!
1

『チアーズ!』『恋は邪魔者』『ハニーvs.ダーリン 2年目の駆け引き』の監督、ペイトン・リードがビートルズの伝説的なマネージャー、ブライアン・エプスタインの映画を撮るようです。


ブライアン・エプスタインがいなければビートルズは売れなかったと言われています。彼はスーツとネクタイを着せて「いい子」のイメージを作りだしました。彼は自身がゲイであることを公表していませんが誰もが知っていることでした。ジョン・レノンとの関係を噂されたこともあります。32歳の時に薬の過剰摂取で死亡しています。
the-fifth-beatle-peyton-reed_01
ブライアン・エプスタインに関する本は色々出ていますが、今回原作となるのは、コミック「The Fifth Beatle: The Brian EpsteinStory」です。
コミックの予告編です。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


個人的に新潮文庫の「ビートルズをつくった男―ブライアン・エプスタイン」オススメです。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

プロデュースは、数々のブロードウェイ・ミュージカルのプロデュースを行い、本コミックブックの原作者・プロデューサーでもあるヴィヴェック・J・ティワリーと『アメリカン・ビューティー』、『3人のエンジェル』プロデューサーのブルース・コーエンが行います。
ヴィヴェック・J・ティワリーは映画の脚本も担当します。

ビートルズの楽曲が使用許諾は取得済みで、撮影開始は来年を予定。現在ペイトン・リードはアビーロードなどをロケハン中の模様で出演者はこれから決定されていくようです。

以前トム・ハンクスのプロデュース、『ジョイフル♪ノイズ』のトッド・グラフが監督の、ブライアン・エプスタインを描く映画の企画がありました。こちらは「Sherlock/シャーロック」のホームズ役ベネディクト・カンバーバッチがブライアン・エプスタイン役という報道までありましたが、どうなったのでしょう?
トッド・グラフ監督は音楽を扱うのがとても上手い監督さんで、こちらのバージョンもぜひ実現してほしいです。