Home 海外NEWS ブレイク・ライヴリー、新作キューティー映画で永遠の命を持つヒロインを演じることに

ブレイク・ライヴリー、新作キューティー映画で永遠の命を持つヒロインを演じることに

ブレイク・ライヴリー、新作キューティー映画で永遠の命を持つヒロインを演じることに
0

the-age-of-adalin-blake-lively_00『HICK-ルリ13歳の旅』で、立ちションする豪快なおねえさんを演じたブレイク・ライヴリー。「ゴシップガール」のイメージもそろそろ古くなった彼女の新作は永遠の命を手にした29歳の女性がヒロインのキューティー映画です。


新作タイトルは「The Age Of Adaline」。
事故で一度死んだものの永遠の命を手に入れたため、世界中を旅しながら生きてきた29歳のヒロインが運命の男性と出会う…というお話になるようです。

ブレイク・ライヴリーの他には、『やさしい嘘と贈り物』エレン・バースティンの出演が決まっています。

この企画が面白いのは、エレン・バースティンはブレイク・ライヴリーの「娘」という設定なんですね。
ブレイクが永遠の命と永遠の29歳を手に入れたため、娘の方がおばあさんになってしまっています。この母娘の描写はとても面白そうです。

当初この企画は、母娘にキャサリン・ハイグルと「ジェシカおばさんの事件簿」アンジェラ・ランズベリーがキャスティングされ、『死ぬまでにしたい10のこと』イザベル・コイシェ監督で進められていました。
現在は『オータム・イン・ニューヨーク』のアリソン・バーネットが脚本を担当し、『セレステ∞ジェシー』リー・トランド・クリーガーが監督の予定です。