1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 『愛と追憶の日々』オプラ・ウィンフリー主演でリメイク企画

『愛と追憶の日々』オプラ・ウィンフリー主演でリメイク企画

『愛と追憶の日々』オプラ・ウィンフリー主演でリメイク企画
0

パラマウント・ピクチャーズはオプラ・ウィンフリー主演、『プレシャス』『大統領の執事の涙』リー・ダニエルズ監督で、シャーリー・マクレーン&デブラ・ウィンガーが共演した母娘の関係を描いた名作『愛と追憶の日々(1983)』のリメイク企画を進めています。


『愛と追憶の日々』はしょっちゅうけんかをしながらもお互いを深く愛し合っている母娘の長きに渡る関係を描く物語。派手で華やかな母親をシャロー・マクレーン、実直で苦労人の娘をデブラ・ウィンガーが演じ、1983年度アカデミー賞では11部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、脚色賞、主演女優賞(シャーリー・マクレーン)、助演男優賞(ジャック・ニコルソン)を受賞したほか、各映画賞を総ナメにした作品です。
監督・脚本は『恋愛小説家』『幸せの始まりは』ジェームズ・L・ブルックス。

パラマウント・ピクチャーズではシャーリー・マクレーンが演じた母親役にオプラ・ウィンフリーを配してリー・ダニエルズ監督でリメイク企画開発が進められています。リメイク版は主要キャラクターを黒人にしたものになると思われます。

『カラー・パープル』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたこともある司会者として有名なオプラは、近年女優としての活動を積極的に行っています。

ディズニー製作、監督『グローリー/明日への行進』エイヴァ・デュヴァーネイ、脚本『アナと雪の女王』ジェニファー・リーによる古典児童文学の映画化『A Wrinkle In Time』にリース・ウィザースプーン、ミンディ・カリング、オプラ・ウィンフリーがヒロインたちを見守る3人の老科学者役で出演することがわかりました。『A Wrinkle In Time(原作邦題:五次元世界のぼうけん/(時間と空間の冒険 I)惑星カマゾツ)』は、時空の彼方に姿を消えてしまった父親を探すため、何のとりえもない落ちこぼれヒロインが、人の心を読める力を持つ...

ヒーラ細胞の持ち主の黒人女性とその家族を追った「The Immortal Life of Henrietta Lacks(原作原題:不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生)」がオプラ・ウィンフリーとローズ・バーン共演で映画化されます。「ヒーラ細胞」とは、1951年に世界で初めて培養に成功した不死化したヒト細胞です。ヒーラ細胞はその後、世界中の医学関係者に譲渡され販売され、現代医学で多くの貢献をしています。この細胞の「ヒーラー」という名は提供者の黒人女性の名前から付けられました。彼女の名前はヘンリエッタ・ラックス。彼女は...