Home 海外NEWS リメイク版『サスペリア』オリジナルよりかなり長尺に

リメイク版『サスペリア』オリジナルよりかなり長尺に

リメイク版『サスペリア』オリジナルよりかなり長尺に
1

ダコタ・ジョンソン主演、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらが共演する、『君の名前で僕を呼んで』ルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』の上映時間が、オリジナル版を大幅に上回ることがわかりました。


バレエ名門校にやってきたアメリカ人ヒロインが体験する、寄宿舎で起こる奇怪な現象や殺人を描いたイタリアのホラー・サスペンス映画のリメイクとなる本作。

ダコタ・ジョンソン、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツのほか、オリジナルキャストのジェシカ・ハーパーもカメオ出演します。
監督は『君の名前で僕を呼んで』で大注目のルカ・グァダニーノ。脚本は、ルカ・グァダニーノ監督『胸騒ぎのシチリア』の脚本を担当したデヴィッド・カイガニック。音楽はレディオヘッドのトム・ヨーク。

1977年公開のオリジナル版は92分でしたが、今回のバージョンは152分。かなりの長尺となっています。
まだまだどういう作品として仕上がっているのかベールに包まれていますが、かなりの衝撃作になるのは確実。予告編など含めて今後の発表が楽しみです。

ダコタ・ジョンソン主演、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらが共演する、『君の名前で僕を呼んで』ルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』がR指定を受けました。...

ダコタ・ジョンソン主演、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらが共演、『君の名前で僕を呼んで』ルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サスペリア』の特報が公開されました。...

全米・独公開は2018年11月2日です。
また、オリジナル版のサントラを担当したゴブリンのサスペリアのサウンドトラック曲を演奏するツアーも英米で8月からスタートします。