Home 海外NEWS メリル・ストリープが実在した婦人参政権運動家を演じる『Suffragette』の全米公開日が決定

メリル・ストリープが実在した婦人参政権運動家を演じる『Suffragette』の全米公開日が決定

メリル・ストリープが実在した婦人参政権運動家を演じる『Suffragette』の全米公開日が決定
0

suffragette-us-opening-day_00イギリスの婦人参政権運動の黎明期を描く、メリル・ストリープが実在した女性運動家エメリン・パンクハーストを演じる『Suffragette』の全米公開日が決定しました。映画賞を狙った時期の2015年10月23日です。


『Suffragette』は、1900年初頭、婦人参政権運動の組織を娘2人と一緒に結成し、暴力的な抗議デモやハンガーストライキなど、過激な運動で女性の参政権獲得のため行動したものの、同じ活動家たちからあまり支持されなかった女性活動家エメリン・パンクハーストを描きます。

メリル・ストリープが再びイギリスの強い女性に!今度は女性参政権運動家

監督はイギリス人女性監督のサラ・ガーヴロン。脚本は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』でメリルと一緒に仕事をしたイギリス人女性脚本家アビ・モーガン。
メリル・ストリープの他にキャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カーターらが出演します。

全米では10月23日に限定公開される予定です。この時期の公開は年末の映画賞を狙ったものと思われます。
suffragette-us-opening-day_01
suffragette-us-opening-day_02