Home 海外NEWS スティーブン・スピルバーグ、『ウェスト・サイド物語』リメイク企画を開発中

スティーブン・スピルバーグ、『ウェスト・サイド物語』リメイク企画を開発中

スティーブン・スピルバーグ、『ウェスト・サイド物語』リメイク企画を開発中
0

スティーブン・スピルバーグ監督が『ウェスト・サイド物語』のリメイク企画を具体的に進めていることを認めました。


1961年に公開されたブロードウェイ・ミュージカルを映画化した『ウェスト・サイド物語』のリメイクをスピルバーグが以前から熱望しているのは有名で、数年前に具体的にリメイクの噂が浮上したことがあります。その時はFOXで製作を行うとされていましたが、具体的に企画開発がされている情報はありませんでした。

今回はすでに『ミュンヘン』『リンカーン』でスピルバーグと組んでいたトニー・クシュナーが脚本を執筆していて、FOXとMGMが共同製作する方向で企画開発が進められていることをスピルバーグ自身が語っています。

しかしスピルバーグは自身の監督作、プロデュース作など常に多忙です。その中には大型タイトルとして2019年7月公開予定の『インディ・ジョーンズ5』もありますし、今後企画開発から制作に移行したとして、スケジュールがどう組まれるかなどまだまだ進展具合が不透明なところもありますが、スピルバーグはまだミュージカル映画を撮っていないので(『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』のオープニングシーンでは往年の豪華絢爛なミュージカル映画の再現をしています。)、ぜひ実現してほしいものです。