Home 海外NEWS 『ステップ・アップ』シリーズ最新作に過去出演のダンサー達が再結集

『ステップ・アップ』シリーズ最新作に過去出演のダンサー達が再結集

『ステップ・アップ』シリーズ最新作に過去出演のダンサー達が再結集
0

ダンス映画としては毎回コンスタントにヒットを記録している『ステップ・アップ』シリーズ。3作目の『ステップ・アップ3』はダンス映画初の3D作品でもあります。(日本ではDVDスルーだったため3D上映はしていません)
その最新作『Step Up 5』の撮影がもうすぐ始まります。そして今回、過去4作のダンサー達が再結集することが判明しました。


さらに今回、脇役に、ワルシャワでバレエダンサーをしていたイザベラ・マイコが出演します。彼女は別のダンス映画シリーズ『セイブ・ザ・ラストダンス2』で前作のジュリア・スタイルズに代わってヒロイン(劇中のキャラは2作とも同じ人物)を演じていました。
『ステップ・アップ』『セイブ・ザ・ラストダンス』シリーズに出たのなら、同じダンス映画『ダンス・レボリューション』シリーズにも出てほしい!あと、ヨーロッパ映画のダンス映画『ストリートダンス』シリーズも。彼女は元々ポーランド出身ですから、ヨーロッパ映画に出ても問題ないですしね。目指せダンス映画シリーズ全出演!
step-up-5-shooting-news_01

『Step Up 5』の監督は女性振付師としても有名なトリッシュ・シーが抜擢されています。彼女はインディーズバンドOK Go「Skyscraper」のPVで監督・出演をしています。タンゴを踊る彼女、素晴らしいですね。

『ステップ・アップ』シリーズって舞台や主役は毎回変わりつつも、ダンサーやチームは毎回登場しています。今やダンサー達もシリーズに欠かせないキャラクターとなっています。3から出演しているロボットダンスの達人、チャド・スミスなんかは見せ場も作ってもらって、強烈な印象がありました。

最初の作品の主役、チャニング・テイタムは出演しませんが、『ステップ・アップ2:ザ・ストリート』から全作出演しているMari Kodaこと、日本人ダンサーの甲田真理さんは登場しています。
step-up-5-shooting-news_02

『Step Up 5』の撮影は9月19日からカナダのバンクーバーと、映画の舞台となるラスベガスでスタートします。公開は2014年を目指しています。
[cptr]