Home 海外NEWS オバマ大統領夫妻の初デートを描く『Southside With You』の撮影がこの夏スタート

オバマ大統領夫妻の初デートを描く『Southside With You』の撮影がこの夏スタート

オバマ大統領夫妻の初デートを描く『Southside With You』の撮影がこの夏スタート
0

southside-with-you-aug-start_00チカ・サンプターが現大統領夫人ミシェル・オバマを演じる、オバマ大統領夫妻の初デートの模様を描くキューティー映画『Southside With You』が今年の夏から撮影開始です。


映画『Southside With You』は1989年から1991年を描くと言われています。シカゴを舞台に、当時ハーバード大学・ロースクールの1年生だったバラク・オバマが、夏休みに弁護士事務所のアルバイトとしてアシスタントについたのが、年下ながらすでに弁護士として活躍していたミシェル・ロビンソン。
一目惚れしたバラクは、ミシェルをデートに誘うものの、上司と部下の関係からミシェルはその誘いを断り続けます。
やっとこぎつけた初のデートで、彼らはシカゴの美術館を訪れ、そこから散歩をしながら語らい、当時公開中だったスパイク・リー監督の『ドゥ・ザ・ライト・シング』を観て、アイスクリームを食べ、そしてキスをします。2人はその後交際を深め、1992年に結婚します。

ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD]

ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD]DVD

監督スパイク・リー

出演ダニー・アイエロ, オジー・デイヴィス, ルビー・ディー, リチャード・エドソン

発行ジェネオン・ユニバーサル

カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API


これを『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』のようなタッチで描くとのことです。初デートの模様はごくごく一般的でなんら映画になる要素はありません。大統領夫妻だから映画になるわけで、その辺りをどう描くのか演出、脚本の手腕が問われます。

ヒロインのミシェル役には『スパークル』で3姉妹の1人を演じたチカ・サンプターが決定しています。バラク・オバマ役はまだ公表されていません。
southside-with-you-aug-start_01
監督・脚本は白人のリチャード・タンネ。経歴ではこれまで大きな作品や有名作などには無縁です。これが初監督作品となります。

撮影は8月からシカゴでスタートします。