1. Home
  2. 海外NEWS
  3. シャーリー・マクレーン、『The Little Mermaid(人魚姫)』のファミリー向け映画に出演

シャーリー・マクレーン、『The Little Mermaid(人魚姫)』のファミリー向け映画に出演

シャーリー・マクレーン、『The Little Mermaid(人魚姫)』のファミリー向け映画に出演
0

シャーリー・マクレーンが『The Little Mermaid(人魚姫)』に出演することがわかりました。しかしこれはユニバーサルによって、クロエ・グレース・モレッツ主演で進められているものではなく、別の映画会社製作のファミリー向け映画です。


シャーリー・マクレーンが出演する『The Little Mermaid(人魚姫)』は、ポピー・ドレイトン(「ダウントン・アビー」)と子役ロレト・ペラルタが出演する、孤児の女の子(ロレト・ペラルタ)と人魚(ポピー・ドレイトン)の交流を描いたファミリー向け映画です。

ヤンキーズのオーナーの孫たちが設立した新しい映画会社MVPスタジオが企画・製作していますが、監督はクリス・ブシャール、脚本はブレイク・J・ハリスと、制作陣はほぼ無名の人ばかり。スタッフ、キャストから低予算のファミリー向け映画ということで間違いないと思います。撮影は3月からスタートします。

一方でユニバーサル製作版は主演クロエ・グレース・モレッツ、脚本リチャード・カーティス、監督レベッカ・トーマスという豪華スタッフです。

クロエ・グレース・モレッツ主演で企画が進んでいる「人魚姫」の映画化『The Little Mermaid』の監督が、若手女流監督レベッカ・トーマスになりそうです。もともと、『The Little Mermaid』はソフィア・コッポラ監督で企画が進められていましたが、プロデューサーとメイン・キャストを巡って意見が合わず、ソフィア・コッポラは降板。その代わり主演女優にクロエ・グレース・モレッツが選ばれています。クロエ・グレース・モレッツが『人魚姫』に!そして今回監督に内定したレベッカ・トーマスも、『きっと、星のせいじゃない。』の原...