Home 海外NEWS スカーレット・ヨハンソンによる『攻殻機動隊』の草薙素子、初披露

スカーレット・ヨハンソンによる『攻殻機動隊』の草薙素子、初披露

スカーレット・ヨハンソンによる『攻殻機動隊』の草薙素子、初披露
1

scarlett-johansson-ghost-in-the-shell-official-pic_00日本のコミック・アニメ映画の実写版『攻殻機動隊』の撮影がニュージーランドで開始されました。スカーレット・ヨハンソンによる、ヒロイン草薙素子の姿も初披露されています。


『攻殻機動隊』は士郎正宗による同名SFマンガが原作で、1995年に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のタイトルでアニメ映画化されて以来、アニメでの映画化、TV化が繰り返されている人気シリーズで、人々がサイボーグで擬態化し、電脳で繋がっている未来を舞台に、ヒロイン草薙素子を中心とした、政府直轄の対テロ・犯罪対策部隊、公安9課の活躍を描きます。

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がハリウッドに与えた影響は大きく、その後のSF映画のビジュアルを一変させました。

今回の実写化では監督に『スノーホワイト』ルパート・サンダース、脚本に『ストレイト・アウタ・コンプトン』のジョナサン・ハーマンと『フェイク シティ ある男のルール』のジェイミー・モス。

スカーレット・ヨハンソンはここ最近、『アベンジャーズ』ユニバースのブラック・ウィドウ、『LUCY/ルーシー』でのルーシーなどSF映画系ヒロインを続けざまに演じて、人気だけでなく興行成績もあげています。今回の『攻殻機動隊』も彼女のスター性に期待がかかっています。

荒巻大課長役に北野武、バトー役にピルウ・アスベックほか、桃井かおり、マイケル・ピット、ジュリエット・ビノシュ、チン・ハン、泉原豊、Tuwanda Manyimoなどが出演します。

ドリームワークスとパラマウントによって製作・配給され、ニュージーランドで撮影、全米公開日は2017年3月31日に設定されています。
scarlett-johansson-ghost-in-the-shell-official-pic_01