Home 海外NEWS ジェニファー・ストーン主演、サンタクロースの娘が結婚前にお忍びで学生生活を送る『Santa Girl』

ジェニファー・ストーン主演、サンタクロースの娘が結婚前にお忍びで学生生活を送る『Santa Girl』

ジェニファー・ストーン主演、サンタクロースの娘が結婚前にお忍びで学生生活を送る『Santa Girl』
0

ジェニファー・ストーン(「ウェイバリー通りのウィザードたち」「ミーン・ガールズ2」)主演、サンタクロースの娘が結婚前にお忍びで大学生となり、男子学生と恋に落ちるキューティー映画『Santa Girl』をご紹介。


サンタクロース(バリー・ボストウィック)の一人娘キャシー(ジェニファー・ストーン)は会ったこともない霜の妖精ジャックフロスト(ハンク・ストーン)の息子との戦略結婚が決まっていました。キャシーは結婚を前に人間の生活を体験したいと、親切な妖精と共に、自分の魔法力や親のことを隠して大学生活を送ることにします。そこで彼女は優しくてハンサムと理想的な男性のサム(デヴォン・ワークハイザー)と出会い恋に落ちる…というお話です。

共演は他にジョシュア・コーディ、リディア・メレディス。
監督は『ダンス・レボリューション2』脚本のブレイン・ウィーヴァー。脚本は『リヴァイアサン』監督のパトリシア・ハリントン。

本作は2018年5月には完成していました。今回配給権を配信を中心に展開するグラヴィタス・ヴェンチャーズが獲得。2019年8月30日から配信と劇場公開されることになりました。

予告編はありませんが、メイキング映像があります。そこから大学生のパーティ、正装のダンスパーティなど、キューティー映画として必要なシーンが揃っていることがわかります。グラヴィタス・ヴェンチャーズの作品は全て日本では見ることがありませんが、なんとか見たい作品です。しかしサンタクロース映画を8月に公開するというのも…(笑)