Home 海外NEWS ディズニー実写化企画『Rose Red』で白雪姫役にブリー・ラーソン?

ディズニー実写化企画『Rose Red』で白雪姫役にブリー・ラーソン?

ディズニー実写化企画『Rose Red』で白雪姫役にブリー・ラーソン?
0

ディズニーが進めているフェアリーテイルの実写映画化企画の1つ、白雪姫の妹”紅ばら(Rose-Red)”を描く『Rose Red』で、白雪姫役にブリー・ラーソン(『ルーム』)の名前があがっています。


ディズニーが実写企画開発を進めている『Rose Red』は、毒りんごを食べて眠りについた白雪姫の呪いを解き目覚めさせるため、姉と疎遠になっていた妹の紅ばら(Rose Red)が7人の小人たちを率いて冒険の旅に出るというお話になっています。

原作の「白雪と紅ばら」はこれとは全く異なり、家にある白いバラと赤いバラから名付けられた姉妹「白雪(Snow-White)」「紅ばら(Rose-Red)」が、熊に変えられていた王子と出会うお話です。

これを脚本家のジャスティン・メルツが紅ばらを主人公にした単独映画作品として企画開発を行い、そのプロットを白雪姫をアクション・ファンタジーに改変した『スノーホワイト』の脚本家イヴァン・ドーハーティが、ディズニーアニメの『白雪姫』と関連付ける内容にさらに変更しています。

ディズニーがフェアリーテイルものの実写化企画として、白雪姫の姉妹「Rose Red(紅ばら)」を主人公にした映画を企画しています。もともと紅ばらは、ディズニーのアニメ映画となった原作の「白雪姫」とは関係あ...

最新情報では女流脚本家のクリスティン・ゴアが改訂作業を行っています。
そして、この企画での白雪姫役にブリー・ラーソンの名前があがりました。主人公である紅ばら役候補はまだ不明です。
ディズニー系である、マーベル・シネマティック・ユニバース初の女性主人公キャプテン・マーベルを演じるブリー・ラーソン、ディズニーのフェアリーテイル実写企画にも出演すれば、両シリーズに悪役として出演したケイト・ブランシェット以来の両シリーズ出演女優となります。

白雪姫自体はディズニーによって別の、アニメ映画の実写企画が進められています。

ディズニーが、自社初のカラー長編アニメ映画『白雪姫』の実写化の企画開発を開始しました。ディズニーが1937年に初のカラー長編アニメ映画として完成させた『白雪姫』(日本公開は1950年)は、作品の技術的・商...