Home 海外NEWS 『ローマの休日』のミュージカルが2017年秋にブロードウェイで上演

『ローマの休日』のミュージカルが2017年秋にブロードウェイで上演

『ローマの休日』のミュージカルが2017年秋にブロードウェイで上演
0

roman-holiday-musical_00「夜も昼も」「エニシング・ゴーズ」「ビギン・ザ・ビギン」など有名曲を多数手がけたアメリカを代表する作曲家コール・ポーターの楽曲を使用した『ローマの休日』のミュージカルが2017年秋にブロードウェイで上演されます。


ジャズやミュージカルで多数のスタンダード・ナンバーを世に残したコール・ポーターの生涯は『五線譜のラブレター De-Lovely』で描かれました。

五線譜のラブレター 特別編 [DVD]

五線譜のラブレター 特別編 [DVD]DVD

価格¥ 4,180

監督アーウィン・ウィンクラー

出演ケビン・クライン, アシュレー・ジャド, ジョナサン・ブライス

クリエータージェイ・コックス

発行20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

発売日12.09.12

カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API


ヘレン・メリルのジャズの名曲「You’d Be So Nice To Come Home To」もコール・ポーターです。

この『ローマの休日』のミュージカルは、すでに2012年に上演済みです。こちらがその時の映像です。


今回それがまた出てきたのは、このミュージカルを手掛けるプロデュースチームの1人が手がけた、キャロル・キングの生涯を描いたミュージカル「Beautiful」が、全編キャロル・キングの楽曲を使用してブロードウェイで成功しているためです。
「古き好きアメリカ」を代表する作曲家と映画を組み合わせた、ミュージカル版「ローマの休日」も同様のコンセプトなので、その勢いにのって今ならば、ということでしょう。
コール・ポーターと『ローマの休日』は何の関わりもないのですが…

脚本は、その「Beautiful」のプロデューサーであるポール・ブレイクの他に、TVでドラマなどで活躍するキャシー・スピアとテリー・グロスマンが手がけます。ディレクターは現在未定です。

まずはサンフランシスコで2017年5月24から1ヶ月公演を経て、ブロードウェイでの公演はその後2017年秋を予定しています。