Home 海外NEWS 『プリティ・プリンセス 3』をディズニーが企画中?

『プリティ・プリンセス 3』をディズニーが企画中?

『プリティ・プリンセス 3』をディズニーが企画中?
0

princess-diaries-3_00普通の女子高生が実は王女だった…というキューティー映画の代表作『プリティ・プリンセス』『プリティ・プリンセス2』は、アン・ハサウェイの出世作として有名です。そのパート3の企画開発が始まったという記事がアメリカの映画情報サイトに載りました。


『プリティ・プリンセス』はメグ・キャボットの「プリンセス・ダイアリー(映画原題は原作タイトルのまま)」シリーズを原作にしています。原作は10巻出ている人気シリーズです。

2001年(日本は2002年)に公開された映画版は『プリティ・ウーマン』をヒットさせ、ジュリア・ロバーツをスターにしたゲイリー・マーシャル監督によるものから「第2のジュリア・ロバーツ」として当時無名だったヒロイン役のアン・ハサウェイをプッシュ。
脇をジュリー・アンドリュース、ヘクター・エリゾンドなどベテラン俳優陣に、当時人気歌手だったマンディ・ムーアをライバル役に配置して極上のキューティー映画に仕立てあげ大ヒットを記録しました。
プロデューサーには故ホイットニー・ヒューストンも名前を連ねています。

2004年(日本は2005年)には続編『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』を公開。ヒロインの相手役にクリス・パインが出演していました。こちらも大ヒットを記録しています。

そして11年ぶりとなる『プリティ・プリンセス3』が前2作と同じプロデューサー、デブラ・マーティン・チェイスによって企画開発が進められていて、それはアン・ハサウェイが参加しないことも想定してリブートである可能性もあるとアメリカの映画情報サイトで報じられました。

しかしこの情報はすぐに関係者によって否定され、実際は『プリティ・プリンセス 3』の企画は一切動いていないことが判明しました。

仮にもし企画が動くとしたら、ジュリー・アンドリュースが演じた女王役をアン・ハサウェイが演じるくらい、話題性のあるリブート企画だと思いますが、今のディズニーはキューティー映画に関しては完全にファンタジー・フェアリーテイル路線のみなので、難しいでしょうね…