Home 海外NEWS 『高慢と偏見とゾンビ』予告編第2弾

『高慢と偏見とゾンビ』予告編第2弾

『高慢と偏見とゾンビ』予告編第2弾
0

pride-prejudice-zombies-us-trailer2_00『シンデレラ』リリー・ジェームズ、『マレフィセント』サム・ライリーが出演する、ジェーン・オースティンの古典にゾンビネタを加えたマッシュアップ小説の映画化『高慢と偏見とゾンビ』のアメリカ版予告編第2弾が公開されました。


『高慢と偏見とゾンビ』は、ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」を原文を8割ほどそのまま使い、そこにゾンビと戦う姉妹たちの描写を差し込むとあら不思議、ゾンビと戦う姉妹たちのお話になってしまう、というセス・グレアム=スミスのマッシュアップ・パロディ小説が原作です。しかしこの面白さは文字だからこそ出来た手法ですし、題材や扱われていることが真面目な描写でも読者は楽しく読むことができました。

映画化の際は、このセンスがどのように再現されるか注目されていました。

『高慢と偏見とゾンビ』アメリカ版予告編

前回、今回のアメリカ版予告編を見る限り、18世紀を舞台にしたシリアスな単なるゾンビものにしか見えません…。原作にあったパロディ、コメディの部分は全く感じられません。
全米では2016年2月5日、女性層が多く映画館に足を運ぶバレンタイン・シーズンに公開されますが、この宣伝の方向性は何かが間違っている気がします…。『シンデレラ』で一躍メジャーに躍り出たリリー・ジェームズのキャリアが心配です。
実際の本編がどういう風に出来上がっているか気になります。
[embed_youtube id=’83mtTP_biuM’ width=’420′ height=’345′]